マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】選挙を控え日米に大衆迎合政治のリスク

2016年2月29日 7:59

米国の共和党の大統領候補者選びで不動産王のドナルド・トランプ氏が圧倒的な支持を集めている。同氏の主張は過激そのもので、米国とメキシコの国境にメキシコの費用負担で「万里の長城」を築き移民を排斥すること等を主張している。また、貿易面でも中国と日本の不公正な貿易をやめさせるとして、中国と並べて日本叩きにも熱心だ。環太平洋連携協定(TPP)にも反対している。
 一方、民主党の大統領候補者選びで優勢を築きつつあるヒラリー・クリントン氏も日本と中国が為替を操作していると名指しで批判して、関税を含む様々な対抗措置を取ると主張している。TPPにも反対の姿勢だ。
 米国内では格差の拡大や製造業の伸び悩みになどにより、保護主義的な政策を打ち出すと人気が高まる情勢にあるようだ。民主党のヒラリー・クリントン氏の対抗で若者に人気となっているバーニー・サンダース氏の主張も極めて内向きで米国国内の雇用の確保・格差の是正を主張している。TPPにも当然反対の姿勢を示している。
 米大統領選に向けて、有力な候補者は全て保護主義的・内向きな政策を訴えており、日本経済にとっては現時点の有力候補者の誰が大統領になっても逆風になりそうだ。最もましと思われるのは穏健派とされる共和党で今回2位につけたマルコ・ルビオ氏だが、ドナルド・トランプ氏との差は大きい。
 日本としては、大統領選挙後は人気取りのための過激な政策がトーンダウンして、現実的な政策を取ってくれることを祈るしかないようだ。
 ひるがえって、日本も参議院選挙が近づいており、民主党と維新の党が合流するなどの動きがでている。しかし、民主党と維新の党は政治理念の一致をみて合流するというよりは、選挙情勢が芳しくないことから参議院選挙の前に慌てて合流したという印象が否めない。政策や綱領のすり合わせ等を十分にやった形跡はみられない。経済政策についても、自民党の政策に対抗する新党の政策やビジョンが全く見えない。新党の中でもっとも大きな議論になっているのが、新党の名前を何にして、どう国民に新鮮さをアピールするかという点となっているのはいかがなものか。
 米国では大衆迎合的な政策のアピールが行われているが、日本では政策ですらなく大衆にアピールするイメージが一番の問題になっているのは、日本の政治情勢の情けなさを示すものかもしれない。

<YU>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。