マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】マンション施工不良による建て替え報道について、SMBC日興証券(花田浩菜)

2016年3月2日 11:46

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

SMBC日興証券ではここ最近報じられている、横浜にあるマンションの施工不良に伴う建て替え問題を受けて、建設・不動産セクターに関する業界コメントを配信しています。

まず、横浜市西区にある売主が住友不動産<8830>の案件については、施工会社の熊谷組<1861>が全5棟の建て替えを公表したことを受けて、『従来から、熊谷組の費用負担で対応が進められており、住友不動産の業績に与える影響は今後も軽微』と想定されています。

また、横浜市都筑区にあるマンション(売主は三井不動産<8801>子会社、元請施工会社は三井住友建設<1821>、一次下請に日立ハイテクノロジーズ<8036>、二次下請で旭化成<3407>子会社が杭工事を施工)については、『全棟建て替えに伴う費用は、関連諸費用を含めて概算で300億~400億円程度』と想定されています。『各社の負担割合は今後の調査結果等に左右されるが、弊社(注:SMBC日興証券)では三井不動産も一定の負担をする可能性』と述べています。

さらに、今後については『施工品質に対する関心が一段と高まることで、建設会社がマンションを低廉なコストで施工することはますます難しくなっていく』と想定されていて、『マンション施工首位で価格競争力の高い長谷工コーポレーション<1808>に有利に働こう』と指摘しています。一方で、『マンションの品質に対する不安や価格上昇が、マンション需要を冷え込ませる懸念は強い』として、『中長期的な市場動向には悪影響』とも述べています。

マンション問題については、皆さんにも身近な問題ですよね。
私も今後の動向に引き続き注目したいと思います!
ご興味のある方は詳細をレポートでご覧ください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<NO>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。