マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:深セン製造業の「ハイエンド化」加速、世界進出を実現

2016年3月9日 14:48

「世界の工場」と呼ばれる広東省の深セン市で、製造業の「ハイエンド化」が加速している。イノべーション力を駆使し、同市のハイテク企業は早々に小型無人機(ドローン)、ロボット、新材料、スマート製造などの新興分野に照準を合わせた。玩具、アパレルなどの労働集約型製造業が低迷する中で、これら新市場にいち早く商機を見出した格好。ハイエンド製造を武器に、世界進出を果たしている。経済日報が9日付で伝えた。
深セン市は今や「ドローンの都」と称されるまでになった。民間向けドローンの世界最大手、大疆創新科技有限公司(DJI)もこの地で誕生している。
今年初めには、深セン市盛祥科技開発有限公司が開発したドローンが世界の注目を集めた。「安果」と名付けられた同ドローンは、重さわずか135グラム。人間の手のひらほどの大きさだ。民間向けドローンでは世界最小サイズとなる。
高さ40メートルの上空で停止し、ハイビジョン定点撮影が可能。飛行中に障害物があればセンサーでそれを感知、自動回避する。飛行距離が一定レベルに超えたり、電池残量が不足したりした場合は、ボタン操作一つで操縦者の元に戻ってくる。
同社の徐攀・総経理によると、中国と米国のクラウドファンディングプラットフォームを通じて、これまでに約343万米ドル(約3億8600万円)を売り上げた。クラウドファンディング型販売としては、民間ドローンの分野で過去最高額を打ち立てた。年内に世界販売80万~100万台、売り上げ1億米ドルを見込んでいる。
深セン市優必選科技(UBテック・ロボティクス)が開発した家庭向けの2足歩行人型ロボット「アルファ2」もヒット商品だ。20の関節を持ち、ダンス、ヨガなどの複雑な動作も可能。身体の平衡状態を自動感知するセンサーを採用した。
「アルファ」シリーズの年間売上高は、2013年の700万人民元から15年に6200万人民元へと拡大。わずか3年で約9倍に膨らんだ。中国本土だけでなく、米国、ブラジル、スペイン、ドイツ、韓国、日本、マレーシアなどでも販売している。
統計によると、ロボットやスマート製品の生産に従事する深セン市企業は、足元で3000社を突破。その産業規模は480億人民元(約8291億円)を超えた。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。