マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】22日の米国市場ダイジェスト:ダウは41ドル安、ベルギーのテロ爆破事件を嫌気

2016年3月23日 7:08

■NY株式:ダウは41ドル安、ベルギーのテロ爆破事件を嫌気

NYダウ       ナスダック
終値 :17582.57  終値 :4821.66
前日比:-41.30    前日比:+12.79
始値 :17602.71  始値 :4783.61
高値 :17648.94  高値 :4835.60
安値 :17540.42  安値 :4781.71

22日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は41.30ドル安の17582.57、ナスダックは12.79ポイント高の4821.66で取引を終了した。ベルギーで発生した連続テロ事件を受けた投資家心理の悪化で、売りが先行。その後は医薬品やハイテク銘柄を中心に買いが広がり、徐々に下げ幅を縮小、午後になって一時上昇に転じる場面もあったが、テロを受けた航空・旅行関連株の下落で上値の重い展開となった。セクター別では、医薬品・バイオテクノロジーやテクノロジー・ハード・機器が上昇する一方で運輸や家庭用品・パーソナル用品が下落した。

テロの影響でデルタ航空(DAL)、アメリカン航空(AAL)など、航空関連株が軟調。旅行予約サイトのプライスライン(PCLN)やエクスペディア(EXPE)も下落した。携帯端末のアップル(AAPL)は、司法省がiPhoneのロック解除問題で、第三者からロック解除手段を入手できる可能性が高まり、本日予定されていた聴問会が延期されたことで上昇。カジノホテル運営のウィン・リゾーツ(WYNN)はモルガンスタンレーによる投資判断引き上げを受け、上昇した。

マーケット終了後にスポーツ用品のナイキ(NKE)が発表した12-2月期決算は、一株利益は予想を上振れたが、売上高は下振れた。時間外取引で下落して推移している。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:ドル・円は112円40銭、ベルギー同時テロでユーロ安、ポンド安

22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円54銭から112円49銭まで上昇し112円40銭で引けた。べルギーのブリュッセルでの同時多発テロを嫌ったリスク回避のドル売り・円買いが先行。その後、2010年来の高水準に達した米国の3月リッチモンド連銀製造業指数を好感、また、エバンス米シカゴ連銀総裁の講演での発言が米国経済のファンダメンタルズの強さに言及するなど予想ほどハト派に傾斜しなかったため債券利回りが上昇したことで、ドル買いが優勢になった。

ユーロ・ドルは、1.1202ドルから1.1238ドルのレンジ内で推移。欧州のテロを嫌ったユーロ売りが続いた。ユーロ・円は、125円02銭から126円14銭へ上昇。株式相場の回復に連れてリスク選好の円売りが再燃した。ポンド・ドルは、1.4293ドルから1.4191ドルまで下落。ブリュッセルでのテロを受けて英国のEU離脱観測を受けたポンド売りが加速した。ドル・スイスは、0.9659フランへ下落後、0.9697フランまで上昇した。

■NY原油:反落で41.45ドル、リビア不参加懸念やベルギー爆発テロで売り先行

NY原油は反落(NYMEX原油5月限終値:41.45↓0.07)。この日から取引の中心となった5月限は、40.77ドルまで下落した後、いったん41.90ドルまで上昇した。リビアが4月の産油国間の増産凍結会合に参加しないとの観測や、ベルギー・ブリュッセルでの爆発テロを受けた需要後退への懸念から、原油の売りが先行。

その後、欧米株価が落ち着き上昇に転じたことや、ユーロの反発もあり、原油も買いが優勢になった。しかし、全米石油協会(API)の週間統計や米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)の発表を控えて、警戒感から伸び悩むかたちになった。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  13.78ドル -0.060ドル(-0.43%)
モルガン・スタンレー(MS) 25.84ドル -0.105ドル(-0.40%)
ゴールドマン・サックス(GS)154.20ドル -2.090ドル(-1.34%)
インテル(INTC)      32.32ドル -0.020ドル(-0.06%)
アップル(AAPL)      106.72ドル +0.810ドル(+0.76%)
アルファベット(GOOG)   760.05ドル -2.110ドル(-0.28%)
フェイスブック(FB)    112.25ドル +0.400ドル(+0.36%)
キャタピラー(CAT)     75.55ドル -0.340ドル(-0.45%)
アルコア(AA)       9.85ドル -0.040ドル(-0.40%)
ウォルマート(WMT)     67.88ドル -0.090ドル(-0.13%)
スプリント(S)       3.37ドル +0.155ドル(+4.83%)

<NO>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。