マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】テックファーム Research Memo(6):Fintech、IoT、ロボット分野での受注獲得を強化

2016年3月25日 16:15

■今後の見通し

(2)ソフトウェア受託開発事業

ソフトウェア受託開発事業(テックファーム及びPrism)の売上高は3,800百万円(前期3,624百万円)、営業利益は150百万円(同24百万円)を見込んでいる。売上高に関しては第2四半期累計で1,680百万円とやや低調だったことからハードルとしては高くなる。主力顧客向けの売上高は通期でも前期比10%程度の減少を見込んでいるため、新規顧客をどれだけ開拓できるかがポイントとなってくる。そこでテックファームホールディングス<3625>では、成長領域であるFintech、IoT、ロボット分野での受注獲得を強化していく方針を打ち出している。

○Fintech分野
Fintech分野では銀行や証券会社向けに、スマートフォンアプリを使って顧客との接点を増やす「コンタクト・ポイントソリューション」を提案していく。

銀行や証券会社などは既にアプリを開発し、リリースしているところも多いが、ユーザーインターフェースなど使い勝手や機能面で必ずしも顧客サービスにつながる効果的なアプリを開発しきれていない状況にある。同社では長年蓄積したアプリ開発のノウハウを生かして、プッシュ通知による金融サービスの告知だけでなく、金融リテラシーの向上につながる金融情報の提供や、ATM利用時の店舗サービスへの誘導、来店時のポイント付与など多様なサービス機能を顧客ニーズに合わせて開発していくほか、使いやすいユーザーインターフェースやユーザーエクスペリエンスを提供していくことで、他社との差別化を図り受注を獲得していく。既に複数の銀行から引き合いも来ており、2017年に売上高で10億円を目標としている。

○IoT分野
IoT分野では2016年1月に資本業務提携を発表したインヴェンティットとの協業により受注活動を展開していく。インヴェンティットはスマートデバイスや通信機器、センサなどのデバイスを遠隔管理、データ収集管理するIoT/M2Mプラットフォームの開発・販売を行っている企業で、特にスマートデバイスの遠隔管理サービス※ではNTTドコモも採用するなど国内市場でシェアトップの実績を持つ。

※ユーザーがスマートフォンを紛失した場合、遠隔操作によって同端末にロックをかけ使用できなくするサービス

テックファームが展開しているホテル向け客室用タブレット情報配信サービス「ee-TaB」事業でもタブレット端末の遠隔管理機能はインヴェンティットのサービスを導入している。同事業でのつながりをきっかけとして、インヴェンティットの技術力やコスト競争力などを高く評価し、今回の資本業務提携につながった。

特に、インヴェンティットは遠隔地にあるセンサから収集されるビッグデータの管理・処理を効率よく行うための技術ノウハウを持っており、同技術と同社がもつPC/モバイル開発力を融合することによって、顧客企業のコスト削減やサービス向上につながるトータルソリューションの提案を行っていく。

IoT分野では、トンネルや橋梁など公共インフラの設備点検や製造現場における機械装置部品の劣化検知故障前メンテナンス、物流倉庫内の品質管理、自動車の運行状況の管理など幅広い領域でニーズがあり、今後の成長市場として注目されている。実際、同社への引き合いも増加し協業による受注実績も出始めており、今下期以降の受注拡大が期待される。同社にとっては今回の資本業務提携で、ビッグデータの管理・収集ノウハウを持つインヴェンティットと協業し、トータルソリューションで提案できることを強みとして、2019年までに売上高で20億円まで拡大していくことを目標としている。

○ロボット分野
今後、高齢化の進展とともに人口減少が予測される中で、人手不足を解決するためロボットの活用が普及していくことが予想されている。同社においても、企業の業務効率化や集客施策としてヒト型ロボットを活用したシステムソリューション「ロボット業務活用パック」の提供を2016年2月より開始した。既にホテルニューオータニやレンブラントホテル厚木で「Pepper」が試験導入されている。同社では「Pepper」を初めとしたヒト型ロボットを活用したアプリケーションの開発やサーバー構築などを行い、商業施設やイベント会場、ホテル、介護施設、オフィスなどを顧客対象として、2016年末までに50社の導入を目指していく。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。