マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】エラン Research Memo(1):入院「CSセット」サービスのパイオニアで中期成長期待

2016年3月31日 16:01

エラン<6099>は1995年2月設立、2014年11月に東京証券取引所マザーズに新規上場、2015年11月に東京証券取引所市場第1部に市場変更した。

介護医療関連事業として、病院や老人介護保健施設等の入院患者・入所者が「手ぶらで入院・入所」「手ぶらで退院・退所」できるように、衣類・タオル類などの洗濯サービス付レンタルと、口腔ケア商品など日常生活用品の提供を組み合わせた「CS(ケア・サポート)セット」サービスを提供している。入院セットサービスを組織的にビジネス展開したパイオニアかつ最大手である。

CSセットのビジネスモデルは、病院や老人介護保健施設等を通じて、同社が入院患者や入所者とCSセット利用契約(レンタル契約)を結び、入院患者や入所者から受け取るサービス利用料(レンタル料)収入が同社の売上高となる。オペレーションの一部は業務委託契約を結んだ病院・老人介護保健施設等及びリネンサプライ業者等に委託し、それぞれに業務委託手数料や洗濯代などを支払う。

法規制に適合したサービス運営、採算ラインを見極める独自ノウハウ、独自のプラン設定ノウハウ(地域や病院・老人介護保健施設等の特性、及び利用者ニーズに合わせて商品構成品目や料金をカスタマイズ)、既存取引関係(病院・老人介護保健施設等と各地域のリネンサプライ業者の取引関係)をそのまま活用する共存共栄モデル、特定の系列に属さないオープンなポジショニングなどを強みとしている。

契約施設(病院・老人介護保健施設等)数は2015年12月期末に644施設(2014年12月期末比128施設増加)、月間利用者数は2015年12月(単月)に89,825人(2014年12月比21,121人増加)まで拡大している。2009年12月期末を起点にすると、契約施設数は年率32.3%の増加率、月間利用者数は年率36.5%の増加率となった。

2015年12月期の業績(非連結)は計画超の大幅増収増益だった。契約施設数及び月間利用者数が順調に増加し、営業基盤・経営基盤強化に向けた人員増に伴う人件費の増加、2015年11月の東証1部指定に関する費用の計上などを吸収した。

2016年12月期業績(非連結)予想は、契約施設数及び利用者数が順調に増加して2ケタ増収だが、先行投資負担で利益は小幅増益予想としている。配当予想は年間8円で連続増配予想としている。

市場は普及ステージに入ったばかりであり顧客開拓余地は大きい。契約施設数は2018年12月期に1,000施設を実現し、その次は3,000施設を目指すとしている。正社員1人当たり収益力(売上高、営業利益)向上策も寄与して中期成長が期待される。

■Check Point
•入院セット「CSセット」を組織的にビジネス展開したパイオニアで最大手
•2015年12月期末の契約施設数は全国644施設で増加基調
•契約施設数の積み上げに伴ってサービス利用者数が増加するストック型収益モデル
•2016年12月期は先行投資負担で利益微増だが2ケタ増収で連続増配
•中期的に契約施設数3,000を目指す
•無借金経営で財務健全性高い

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田 雅展)

<HN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。