マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~内需系の中小型株などを冷静に仕込みたいところ

2016年4月1日 12:28

1日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・内需系の中小型株などを冷静に仕込みたいところ
・ドル・円は112円15銭付近、ドル弱含み、日本・中国の株安受け
・パナソニック<6752>が急落~11.0%安~

■内需系の中小型株などを冷静に仕込みたいところ

日経平均は大幅続落。470.92円安の16287.75円(出来高概算12億2000万株)で前場の取引を終えている。3月31日の米国市場では、1日の雇用統計の結果を見極めたいとする模様眺めムードの中、NYダウは小幅に下落している。シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円高の16765円だった。日銀短観(企業短期経済観測調査)は、大企業製造業DIプラス6と、2期ぶりに悪化。コンセンサスを下回ったことも嫌気される格好となった。

ただ、寄り付き直後に16700円を割り込むと、その後も断続的なインデックス売りが続く中、日経平均はじりじりと下げ幅を拡大させている。中国の製造業PMIの改善等がみられたが市場の反応は限られ、日経平均は一段安に。結局、500円近い下げ幅で16300円を割り込み、1ヶ月ぶりの安値水準をつけている。

東証1部の騰落銘柄は値下がり数が1800を超えており、ほぼ全面安商状。セクターでは33業種全てが下げており、電気機器、ガラス土石、電力ガス、機械、医薬品、鉄鋼、鉱業、輸送用機器、精密機器、証券などの弱さが目立つ。

日銀短観は2四半期ぶりに悪化したが、電気機械がマイナス7と10ポイント悪化したほか、自動車もプラス5と6ポイント悪化というように、輸出関連が悪化。また、28年度上期の想定レートは117円45銭だが、112-113円台の円高水準が続くようだと、一段の業績下振れが警戒されてくる。

こういった状況下では日銀による追加緩和政策への期待が高まりやすいが、イエレンFRB議長の発言以降、円高傾向に振れやすい需給状況であろう。テクニカル面でも日経平均はボリンジャーバンドでは-1σを割り込み、-2σ水準に接近。一目均衡表では基準線を割り込み、雲下限に接近してきている。MACDはシグナルとのクロスで陰転シグナルを発生させて、マイナス圏に突入してきており、調整が本格化しやすいだろう。

もっとも海外勢による日本株離れというよりは、アベノミクスの過程で積み上がったポジションの利益確定といったところであろう。消費増税の延期に伴う格下げリスク等が警戒されてくる可能性はあるものの、連れ安となっている内需系の中小型株などを冷静に仕込みたいところであろう。

(株式部長 村瀬智一)

■ドル・円は112円15銭付近、ドル弱含み、日本・中国の株安受け

1日午前の東京外為市場で、ドル・円は弱含む展開となった。日経平均株価と上海総合指数の下落を受けた値動き。

ドル・円は朝方112円58銭を付けた後はドル売りの展開。10時に発表された中国の3月財新製造業PMIは改善したが、日経平均株価は500円近く下げたことでドルは一時112円06銭まで下げた。その後ドル売りは一服しており、ドルは112円台を維持している。

ただ、上海総合指数のマイナス圏推移やランチタイムの日経平均先物の軟調地合いを受け、ドルは午後の取引で112円を挟んだ値動きが予想される。

ここまではドル・円は112円06銭から112円58銭、ユーロ・ドルは1.1369ドルから1.1388ドル、ユーロ・円は127円46銭から128円13銭で推移した。

12時26分時点のドル・円は112円15銭、ユーロ・円は127円52銭、ポンド・円は160円83銭、豪ドル・円は85円89銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)

■後場のチェック銘柄

・ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、2銘柄で日経平均約73円押し下げ
・小野薬品<4528>、ライトオン<7445>、クレセゾン<8253>の目標株価変更
・パナソニック<6752>が急落~11.0%安~

☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし

<SY>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。