マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅に4日続落、パナソニックやIHIが構成銘柄の下落率上位

2016年4月1日 16:16

1日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり4銘柄、値下がり220銘柄、変わらずなしとなった。

日経平均は大幅に4日続落。取引開始前に日本銀行が発表した3月企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)が2期ぶりに悪化し、市場予想を下回った。また、企業収益の前提為替レートが市場実勢より円安水準にあることも嫌気され、日経平均は39円安からスタートすると、その後も下げ幅を広げる展開が続いた。米3月雇用統計の発表を控え積極的な押し目買いは入りにくく、後場には一時16113.01円(前日比645.66円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比594.51円安の16164.16円となった。東証1部の売買高は25億7927万株、売買代金は2兆6570億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、電気機器、電気・ガス業、鉱業、機械など8業種が4%を超える下落となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、2位はファナック<6954>となり、2銘柄で日経平均を約101円押し下げた。ファーストリテは5.4%安と大きく下げ、約1ヶ月ぶりに25日線を割り込んだ。日経平均構成銘柄の下落率トップはパナソニック<6752>で12.1%安、同2位はIHI<7013>で7.1%安だった。パナソニックは前日に16年度からの事業方針について発表したが、17年3月期の減収減益見通しが嫌気された。

一方、値上がりしたのはKDDI<9433>など4銘柄のみだった。KDDIは相場全体が大きく下落するなか、ディフェンシブ性の高さから資金が向かった。また、ソフトバンクG<9984>は米スプリントの収益改善の兆しなどがポジティブ視されたようだ。トクヤマ<4043>は、借入契約における財務制限条項への抵触が解消されたことから6.9%高と急伸した。

*15:00現在

日経平均株価  16164.16(-594.51)

値上がり銘柄数  4(寄与度+11.51)
値下がり銘柄数 220(寄与度-606.02)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9433> KDDI 3030 24 +5.66
<9984> ソフトバンクG 5410 44 +5.18
<4043> トクヤマ 186 12 +0.47
<9766> コナミHD 3335 5 +0.20

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 34070 -1950 -76.58
<6954> ファナック 16860 -625 -24.55
<6971> 京セラ 4733 -224 -17.59
<4503> アステラス薬 1415 -81.5 -16.00
<4523> エーザイ 6414 -356 -13.98
<6762> TDK 5900 -350 -13.75
<6988> 日東電 5928 -329 -12.92
<8035> 東エレク 7016 -320 -12.57
<6367> ダイキン 8094 -318 -12.49
<7267> ホンダ 2942 -144 -11.31
<6902> デンソー 4236 -288 -11.31
<9735> セコム 8132 -234 -9.19
<4452> 花王 5772 -231 -9.07
<7733> オリンパス 4160 -215 -8.44
<4324> 電通 5450 -200 -7.85
<7203> トヨタ 5771 -181 -7.11
<4901> 富士フイルム 4270 -181 -7.11
<4543> テルモ 3945 -90 -7.07
<7270> 富士重 3796 -179 -7.03
<3382> 7&I-HD 4617 -175 -6.87

<NH>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。