マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家ゆたぽん氏:株取引で大切なことは、自己責任を理解すること(2/2)

2016年4月9日 11:02

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家ゆたぽん氏(ツイッター:@yutanpo104 )が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年4月5日23時に執筆

前回の『株取引で大切なことは、自己責任を理解すること(1/2)』では、マーケットの中立さと、責任転嫁の理由について考察させていただいた。今回はその続きとして、自己責任の本質を考える意味と情報の活用方法について考察したいと思う。

◆自己責任の理解は売買技術の向上につながる

では、なぜこうも「自己責任」について理解を深める必要があるのか。それは、完全なる自己責任の理解のもとに執行したトレードは、結果がどうであれ自分の考えが機能したか否かの分析を可能にし、今後の成長の糧とすることができるからである。他人のせいにすることはとても簡単だが、何一つ自分のためにはならないということを知っておきたい。
マーケットが何かしてくれる、他人が何かしてくれるという気持ちを一切排除し、本当の意味での自己責任を理解した売買を実践することによって、何が良くて何が間違っていたのか、どういう解釈ができたのかを学ぶことができ、その経験が売買技術の向上につながるはずだ。

◆情報の活用方法

ニュースや開示など情報を多く入手できる、解釈のための素材を手に入れられることのほかに、私の考えるツイッターをはじめとしたインターネット情報ツールの活用で興味のあることはひとつである。それは、その人がどういうロジックで投資行動に辿り着いたかを探ることができるという点である。
私にとって、場中のトレードは試験を受けている感覚である。そのために準備、宿題をしなければいけない。試験は、いま授業でやっている範囲かもしれないし、抜き打ちの復習テストかもしれないし、まだやったことのない先取りかもしれない。
では、常に最後の解答(他人の推奨する銘柄名や仕手情報)のみを見て試験を受けている生徒がいたとしたら、その生徒の学力は向上するだろうか?おそらく、何も身に付かないだろう。なぜその解答に行きついたのか、その過程が最も大切であり、思考法の習得こそが真の実力(情報を正しく解釈する能力)を身に着けるのではないだろうか。ここを理解できれば、他人の推奨銘柄の結果のみを見て「当たった」「外れた」などと言うこと自体、何の価値もないとさえ思えてくるのではないだろうか。

私の知る尊敬するトレーダーさんたちは、間違いに気づいたときにはロスカットを淡々と執行し、決して他人のせいになどせず、次の売買に活かす姿勢を持たれている。そして、ツイッターなどで売買の過程や動機を惜しみなく公開されている方もいる。こうした宝ともいえる上級者の思考プロセスが、インターネット上には溢れている。しかもそのほぼすべてを無料で学ぶことができるわけだ。非常にありがたいことである。

最後に、
情報はあくまでも情報であり、活かすも殺すも自分次第である。情報自体に絶対的な答えはなく、それをどう解釈するかが問われている。そして、解釈を実行に移すのは自分自身であり、意思決定も自分自身で行われる。トレード自体が自分との闘いであり、他人のせいにすることがどれほど無意味なことであるか。
ほぼ無制限に自由な「マーケット」という名のユートピアにおいて、誰かに従う必要はなく、自分自身の意思決定が己の成長につながるのではないだろうか。
「自己責任」これは責任のなすりつけ合いではなく、自分の投資行動の質を向上させるための意識基盤となるのかもしれない。

あれこれと書いたが、私自身、自己責任の本質について頭で理解しようとしても、実際はまだまだ地合いのせいにしていたり、失敗した自分の売買について無意識に自分に都合の良い解釈もしたりしている。あまり真面目になり過ぎても窮屈になってしまうので、うまく自分をコントロールして、メリハリのあるトレードを心掛けたいものだ。
毎回レポートの最後に書かせていただいている<盛り上げるか盛り上げないかは大口次第>くらいに思っていると、気が楽になるかもしれない。

参考著書:マーク・ダグラス著「ゾーン 勝つ相場心理学入門」

----

執筆者名:ゆたぽん(ツイッター:@yutanpo104 )

<NO>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。