マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】15年度「チャイナリスク」関連倒産は120件に倍増=東京商工リサーチ

2016年4月11日 13:44

信用調査会社の東京商工リサーチは8日、2015年度(2015年4月~2016年3月)の全国企業倒産状況を発表し、「チャイナリスク」関連の倒産が120件に上ったことを明らかにした。14年度の63件から約2倍に急増している。負債総額は2517億700万円と、8.6倍に急増。4月の江守グループホールディングス、9月の第一中央汽船といった大型倒産が負債を押し上げた。
倒産要因の最多は「コスト高」で74件(構成比61.6%)。中国国内の人件費高騰に伴う製造単価の上昇や、為替変動による輸入費用増大などが響いた。続いて、中国の在庫調整に伴う相場下落などの「価格競争」が24件(同20.0%)、不良品の発生や中国生産品に対する不信による受注悪化などの「品質問題」が10件(同8.3%)。一方、日中関係の悪化による不買や現地従業員ストライキ、旅行自粛などの「反日問題」は1件(前年度6件)に落ち着いた。
3月の月次ベースでは、倒産件数が16件(前年同月は8件)に倍増し、14年1月の集計開始から最多を記録している。負債総額は前年同月比6.6倍の115億4700円。倒産に集計されていないものの、事業停止や法的申請の準備中などの「実質破綻」は4件(前年同月は3件)に上った。
「チャイナリスク」関連の経営破たんは、破たんの原因が◆コスト高(人件費、製造コストの上昇、為替変動など)、◆品質問題(不良品、歩留まりが悪い、模倣品、中国生産に対する不信など)、◆労使問題(ストライキ、工場閉鎖、設備毀損・破棄など)、◆売掛金等回収難(サイト延長含む)、◆中国景気減速(株価低迷、中国国内の消費鈍化、インバウンドの落ち込みなど)、◆反日問題(不買、取引の縮小、暴動など)◆価格競争(中国の在庫調整に伴う相場下落、安価製品との競合など)、◆その他——のいずれかに該当するものを集計。今回発表分から、より実態に即した集計とするため、集計基準に「価格競争」と「その他」を追加している。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。