マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】横浜ゴム、東芝、日本金属など

2015年9月1日 16:37

<6972> エルナー 120 +29急伸。アルミ電解コンデンサの販売を10月から資本業務提携先である太陽誘電の販売網を通じて開始すると発表している。資本提携の効果が今後本格化していくことに伴い、業績も急回復に転じていく可能性を期待する動きが優勢に。株価水準の値頃感の強さも妙味となり、短期資金の関心も強まりやすいようだ。

<5491> 日本金属 182 +50ストップ高。日本文理大学などの研究グループでは、渦電流損を従来品の半分以下に減らせるモーター鉄心を開発したと報じられている。鉄心は同社が開発した極薄鋼板を使用するとされており、本日の買い材料につながっている。業績インパクトなどは捉えにくいものの、主力大型株が手掛けにくい状況下、株価水準の値頃感なども支援に、短期資金の物色の矛先が向かっている。

<4042> 東ソー 515 -58軟調。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断「アンダーウェイト」を継続、目標株価を760円から600円に引き下げている。上半期は会社計画を超過達成とみているが、通期では会社計画を下回ると考えているもよう。第1四半期決算が大幅な増益となっていただけに、ネガティブな影響が強まる形となっている。MDIのマージン悪化が要因としている。想定外の公募増資実施もネガティブに捉えられた経緯があり、投資家の信頼回復には時間を要すると指摘。

<7732> トプコン 1862 -66売り先行。東芝<6502>が保有株を売却すると発表、売出株数は国内外で2969万4100株、オーバーアロットメントによる売出315万株の計画。発行済み株式数の30%を超える水準となっており、今後の需給懸念が強まる状況となっているもよう。東芝としては、不適切会計に伴う財務体質の悪化を改善させる目的と見られる。なお、事業面への影響は限定的とみられているもようだ。

<6773> パイオニア 226 +6買い優勢。自動運転車に搭載して、周囲を3次元で把握できる計測機器を開発したと報じられている。今後量産技術を開発して、2025年までに1万円以下へのコスト引き下げを目指すようだ。年間350億円の事業に育てる計画と。3次元計測機器は自動運転車両の「目」として安全確保のために搭載されてるものであり、自動運転車関連銘柄としての位置づけなどが高まる形になっているようだ。

<6502> 東芝 363.5 -20.5売り先行。前3月期の決算発表、有価証券報告書の提出を再延期すると発表している。米国子会社での不適切な会計処理など、あらためて調査が必要な案件は約10件判明したもよう。今月の7日までに提出するとしている。追加の調査案件による修正額は小幅に留まる見通しであるほか、ウエスチングハウスが対象となっていないことから、大きな懸念にはならないとの見方もあるが、仮に、さらなる延期となった場合などは先行き不透明感が一気に強まると警戒する声も。

<5101> 横浜ゴム 2165 -217下げ目立つ。シティでは、タイヤセクターの投資スタンスをニュートラルからややネガティブとしている。上期において、材料価格下落効果の歩留まり率が大幅に悪化した点がポイントと指摘。個別では同社の投資判断を「2」から「3」に格下げ、強気な会社側販売計画やチェルシーとのスポンサー契約料が下期から発生することから、下期の会社予想達成にはハードルが高いとの見方。

<6762> TDK 7030 -520下げ目立つ。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げ、目標株価も12000円から8500円に引き下げている。HDDヘッドおよびサスペンションはHDDの需要減少などで減益が続くと予想、受動部品に関しても、主要アプリケーションの需要に不透明感が出てきており、需要減少に直面する可能性があると指摘。

<4980> デクセリアルズ 1710 +35しっかり。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断を新規に「オーバーウェイト」、目標株価を1850円としている。FPD関連向け機能材料で高シェアを誇るが、光学弾性樹脂の売上拡大、異方導電膜の安定成長によって、業績は2ケタ増益が続く見通しと評価している。16年度のROEは14%強に達すると予想しているほか、高いキャッシュフロー創出力を背景に積極的な株主還元にも期待と。再上場後は初の格付けとみられ、インパクトが強まる状況に。8月18日の上場来高値を更新へ。

<4666> パーク24 2396 +16堅調。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は124億円で前年同期比2%減、商業施設などの時間貸し駐車場稼働が低迷したもよう。ただ、5-7月期では45億円で同13%増と回復に転じてきている。夏場以降は駐車場利用が回復傾向にあるもよう。通期では前期比6%増の186億円予想だが、過度な下振れ懸念は後退する格好にも。

<XH>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。