マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):レナウン、DWTI、小野薬品など

2016年4月15日 11:43

パスコ<9232>:389円(前日比+16円)
続伸。いちよし証券ではレーティング「A」継続で、フェアバリューを450円から480円に引き上げている。12日には業績計画の下方修正が発表されるなど、短期的な業績拡大は遅れているものの、自動運転関連の業務の立ち上がり時期が早まる見通しとなどは追い風と指摘。18.3期には関連分野の収益寄与が大きくなる可能性として、19.3期以降の中長期の成長予想を引き上げているもよう。

レナウン<3606>:131円(前日比+20円)
急伸。前日に前2月期の決算を発表している。営業利益は5.9億円で前期比80.9%増益、従来予想の7億円は下回ったが、第3四半期累計では前年同期比34.4%減益であったため、収益水準は急速に回復する格好に。また、今期は7億円で同19.5%増益の見通しとしているが、四季報予想では5億円であり、ポジティブに捉えられる形となっているようだ。

若築建設<1888>:138円(前日比+12円)
急伸。発祥が九州であり、九州地区での売上実績が高い建設会社であるため、昨日発生した九州での大地震を受けて、復興需要の拡大などといった思惑が高まる状況となっているもようだ。同社のほか、西部電工や小野建なども九州地区での実績が高い建設会社として物色されている。また、不動テトラや日特建設などの特殊土木工事会社にも、あらためて国土強靭化対策などの必要性の高まりが意識される形に。

小野薬品<4528>:5099円(前日比-367円)
大幅続落。シティグループ証券では、目標株価は5000円から5600円に引き上げているが、投資判断は「1」から「2」に格下げしている。オプジーボの売上予想を見直して業績予想を上方修正しているが、株価上昇余地が限られることを格下げの背景としているようだ。全般的に景気敏感株への資金シフトが強まる中で、利食い売り圧力を一段と強めさせる格好になっている。

メタップス<6172>:2070円(前日比+285円)
大幅反発。ペイデザインの株式を取得し完全子会社化すると発表している。ペイデザインはEC決済事業に加え、リアル店舗決済事業、家賃決済事業、電子マネー事業等の幅広いサービスを提供しており、同社の既存サービスである「SPIKE」との親和性も高いと判断した。なお、同時に発表した15年9月-16年2月期(第2四半期累計)決算は、営業損益が3.02億円の赤字で着地した。

DWTI<4576>:720円(買い気配)
ストップ高買い気配。同社が創製した緑内障治療剤「H-1337」について、米Allysta Pharmaceuticals, Inc.に対して、米国を含む4つの国・地域(米国、EU、オーストラリア、中国)における戦略的オプション付基本契約を締結すると発表している。本契約により、H-1337は緑内障を適応症としたPOC(Proof of Concept:創薬概念の検証)試験を推進するとともに、POC取得後の米国等におけるオプション権をAllystaに付与している。

プラッツ<7813>:2161円(前日比+400円)
ストップ高。中国の政府系機関、中国電子商会と同社など日本企業5社が日本の介護用品を中国国内でネット通販する事業に乗り出すと一部メディアで報じられている。5月から車いすや介護用ベッドなどを病院や介護施設、個人に販売するようだ。中国では高齢化が急速に進んでおり、高品質で多機能な日本製品のニーズが高いと判断したという。

テラスカイ<3915>:20280円(前日比+3790円)
大幅に7日続伸し一時ストップ高。1株につき2株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は5月31日。投資単位当たりの金額を引き下げることで投資家層の拡大と株式の流動性向上を図る。なお、同時に発表した16年2月期決算は、営業利益が前期比61.5%増の2.60億円だった。17年2月期業績については、営業利益で同2.9%増の2.67億円との見通しを示している。

<KS>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。