マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中国株が好調、当局のコントロールで長期上昇トレンド形成か

2019年3月20日 7:00

 この場外配資は2014年11月から2015年6月にかけての急騰と、その後の急落を招いた元凶であった。つまり、ここで野放しの場外配資を許せば、株価の急騰を生み、それは必ず急落となって帰ってくる。当局の市場管理はやや過剰に思うかもしれないが、そうした状況が背景にある。

 当局は資本市場を育成しようとしているが、それはNYダウ指数のように穏やかな上昇トレンドが長期にわたり続く相場形成が一つの目安となっている。

 米中貿易戦争により、国家がファンドの形を含め、企業に資金を供給することで発展を図るようなやり方は難しくなってきた。資本市場の発展を通じ、企業を育てるシステムをいち早く作り上げる必要がある。科創板の設立、上海ロンドンストックコネクトの開始、海外証券会社に対する資本規制の緩和など、今後、資本市場改革が進展するはずだ。

 株価の上昇が穏やかであればあるほど、上昇トレンドが長く続きやすい。当局の適切な市場管理が行われることを前提に、市場改革による外部からの資金流入と、5G開始後にはっきりとするだろうイノベーション国家建設戦略の成功によって、本土市場は長期の上昇トレンドが出る可能性は十分あるだろう。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。