マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アキュセラ Research Memo(4):オプトジェネティクスによる網膜色素変性症治療の開発販売権を取得

2016年4月26日 7:53

■会社概要

アキュセラ・インク<4589>は2016年4月に英国マンチェスター大学と、網膜色素変性を含む網膜変性疾患の治療に向けた、同大学のヒトロドプシン※を用いたオプトジェネティクスに基づく遺伝子療法の開発並びに販売を目的とする独占契約を締結したと発表した。

※網膜の杆体細胞を構成するタンパク質の一種で、光受容体の機能を果たす

網膜色素変性症は遺伝性の網膜疾患で、最初に光の明暗を認識する杆体細胞が損傷され、周辺視野及び夜間視力が低下し、その後に、色を認識する錐体細胞が損傷され、色覚異常や中心視力が低下、最終的には失明に至る疾患で、現在のところ有効な治療法が存在しない。幼少期に発症する例が多く、欧米及びアジアで約4,000人に1人が罹患する希少疾患に該当し(日本では難病指定)、患者数は世界で約140万人と推定されている※。

※Vaidya P, Vaidya A (2015) Retinitis Pigmentosa: Cisease Encumbrance in the Eurozone. Int J Ophthalmol Clin Res 2:030

マンチェスター大学で研究を行っているオプトジェネティクスとは、光を感じなくなった網膜細胞に、光をあてることによって活性化されるヒトロドプシンを導入、発現させることで、光感受性を持たせるという視機能の再生を目指す遺伝子療法となる。遺伝性と言われる網膜色素変性症は、100種類を超える遺伝子変異が確認されているが、その変異に依存しない画期的な治療法となる。同社では、同技術により、最終的には法定盲(矯正視力0.1未満)とみなされる患者の視機能再生に向けた研究開発も進めていく予定としている。

なお、今回の契約はマンチェスター大学の技術移転機関であるUMIP(University of Manchester Intellectual Property)との間で締結しており、契約額は非開示となっているが、2016年12月期の業績予想には織り込み済みとなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<YF>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。