マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):日本電産、日本製鋼所、三菱UFJなど

2016年4月26日 11:48

三菱UFJ<8306>:552.3円(前日比-29.3円)
反落。本日はメガバンクの下落が目立っている。先週にかけては日銀の新たな金融政策に対する期待感が高まる状況となっていたが、ここにきて戻り売り圧力が強まる形に。イタリア国債の上昇や米国金融株の下落なども売り材料と捉えられているようだ。また、ドイツ証券では、日銀貸出へのマイナス金利適用に関して、顧客企業から貸出金利の引き下げを求められる公算もあると指摘している。

日立化成<4217>:2065円(前日比+135円)
買い優勢。前日に発表した決算がポジティブなインパクトに。前期営業利益は530億円で前期比81%増益、従来予想の500億円を上回る着地に。一方、今期は540億円で同2%増益の見通しで、コンセンサスの510億円強の水準を上回っている。なお、前期の業績上振れは東京電力からの補償金計上によるものであり、今期見通しはやや下期偏重型となっている。

日本製鋼所<5631>:435円(前日比+42円)
急伸。前日に業績予想の修正を発表している。前期営業利益は120億円から140億円に上方修正も、最終損益は72億円の黒字から170億円の赤字に下方修正している。産業機械事業の収益上振れなどがあった一方、室蘭製作所の固定資産について減損損失を計上している。モルガン・スタンレーMUFG証券では、原子力部材の受注回復に依存しない素形材エネルギー部門の黒字化を担保できた点はポジティブとしているほか、償却負担軽減による来期以降のROE上昇期待などを背景に、投資判断を買い推奨に格上げへ。

日本電産<6594>:8138円(前日比+288円)
大幅反発。前日に決算を発表、ポジティブな反応が先行している。実績営業利益は1245億円で前期比12%増益、従来予想の1300億円をやや下回る着地となった。今期は1300億円で同4%増益の見通し、市場予想の1450億円レベルを下回っている。ただ、売上計画に比べて利益の伸びは小さく、収益予想は保守的といった見方もあるほか、急速な円高進展の中で、相対的に底堅い決算との評価も高まる状況に。本日予定されている決算説明会への期待感なども先行しているとみられる。

リタリコ<6187>:2265円(前日比-15円)
伸び悩んだが買い先行。4月25日引け後にレオス・キャピタルワークスが同社株式の保有に係る大量保有報告書を提出しており、材料視されているようだ。報告義務発生日の4月19日時点において、同社株式を42万3700株(保有割合5.13%)保有しているという。

アスコット<3264>:238円(前日比+50円)
ストップ高。澤田HD<8699>が保有する同社株式の一部を平安ジャパン・インベストメント1号投資事業有限責任組合に譲渡すると発表している。異動後の保有比率は議決権ベースで澤田HDが10.0%、当該ファンドが32.3%で新たに筆頭株主となる。当該ファンドの無限責任組合員である平安ジャパン・インベストメントは、中国の総合保険金融グループである中国平安グループ傘下の日本法人で、今後同社は同グループと幅広く関係を構築する。

Hamee<3134>:1311円(前日比+297円)
ストップ高買い気配。デジタルスタジオと業務提携すると発表している。デジタルスタジオが提供する多言語対応の越境ECサイト構築プラットフォーム「Live Commerce」と同社の「ネクストエンジン」を連携することで、国内ECの業務フローを大きく変えることなくスムーズな海外展開が可能になるほか、デジタルスタジオのSNSメディア「Discovery Japan」へ商品を掲載することで販売促進も実現するという。

3Dマトリック<7777>:1013円(前日比-27円)
伸び悩んだが買い先行。同社が出願していた新規自己組織化ペプチド配列(PM03)の組織閉塞剤としての特許が日本にて成立したと発表している。この特許は、同社が欧州等で販売する吸収性局所止血材「PuraStat」に続く次世代止血材として研究開発を進めているPM03に関する特許であり、手術等で損傷した組織や臓器からの出血等の損傷部位を塞ぐなどの止血効果を有する組織閉塞剤としての特許という。

<KS>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。