マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】村田製、キヤノン、エプソンなど

2016年4月27日 16:21

<7276> 小糸製 5060 +265大幅反発。前日に決算を発表、実績営業利益は822億円で前期比28%増益、従来予想の770億円を上回った。今期は770億円で同6%の減益見通しに。市場予想は前期が790億円、今期が860億円レベルとなっている。今期見通しは市場予想を大きく下振れるが、控えめな傾向が強いことから保守的な予想と受け止められているもよう。増益確保は可能といった見方なども多くなっている。

<4063> 信越化学 6518 +246買い優勢。前日に決算を発表している。前期営業利益は2085億円で前期比12.5%増益、従来予想の1970億円を上回る着地になった。今期予想は第1四半期決算以降に発表する予定のもよう。前期実績は市場コンセンサスもやや上回る着地になったほか、説明会では半導体シリコンの需要回復傾向も示されたもよう。野村證券では目標株価を7500円にまで引き上げている。

<2580> コカ・イースト 2090 +246上昇率2位。コカ・ウエストと経営統合へ向けて協議を開始すると発表している。企業規模の拡大メリット期待に加えて、統合によるコストの削減余地は大きいとの評価になっている。現在では、複数のボトラーの存在は設備や人員の重複などムダが目立つようになってきていたため、統合への決断をストレートに好感する動きが優勢に。コカ・ウエストも同様に急伸する展開へ。

<6981> 村田製 14690 -680大幅続落。米アップルが決算を発表、iPhoneの需要減少が響き、1-3月期は約10年ぶりの減収となり、4-6月期も減少の見通しが示されている。想定外の売上減少を受けて、アップルの株価は時間外取引で8%もの下落となっている。あらためて、アップル向けの販売減少が長期化するとの見方から、同社などのアップル関連の電子部品株に売りが優勢となっているようだ。

<7751> キヤノン 3203 -178大幅続落。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は401億円で前年同期比39%減益、通期予想は従来の3600億円から3000億円に下方修正している。通期の市場コンセンサスは3400億円前後であり、円高の影響に伴う下振れ懸念は強かったものの、下振れ幅は想定以上との見方に。円高影響のほか、LBPの販売減少も響く格好になったようだ。高利回り水準は下支えも、カタリストに欠けるといった指摘も。

<6724> エプソン 1902 -41反落。前日にはキヤノンが第1四半期決算を発表しており、想定以上の業績下方修正で売り優勢の展開になっている。円高の影響のほか、LBPの売上減少が業績下振れの背景に。同社はIJPで強みを持っているが、キヤノンの業績内容を受けて、こうした情報機器の需要低迷などが連想される形にもなっているようだ。ブラザーなども本日は売り先行の展開に。

<6798> SMK 459 -99下落率トップ。前日に決算を発表している。営業利益は42億円で前期比97%増益、従来予想に沿った着地となっている。一方、今期は31億円で同26%減益の見通しに。第3四半期までの累計が38億円であったことから、前期業績にも上ぶれ期待が高かったとみられ、足元で想定以上の失速と捉えられているもよう。今期の市場予想は52億円レベルの水準であった。

<5411> JFEHD 1696 -63続落。前日に決算を発表、経常利益は642億円で前期比72%の大幅減益、従来予想は若干未達となった。一方、今期は前期並みの650億円を見込むとしているが、市場予想は1150億円レベルであり、大幅な下振れの格好になっている。鋼材の輸出価格が上昇傾向にあるなか、大幅なコンセンサス比下振れをネガティブ視する動きに。ただ、前期も期初計画は横ばいとしていた。

<XH>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。