マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】今期、増収増益を見込むAR・VR関連銘柄7選=向後 はるみ

2016年4月27日 18:23

2016年の重要テーマの一つAR(拡張現実)・VR(仮想現実)関連銘柄。
その中でも、今期、増収増益が見込まれる7銘柄をピックアップしてみました。

米Tracticaの市場予測データによると、ARを含まないVRの市場規模は20年までに約2兆7000億円にまで成長が見込まれ、その中でもコンテンツの規模は1兆7000億円、ゲームでの規模は約6400億円になるとのこと。

Virtual Reality(バーチャルリアリティ)というとゲームに関するイメージが沸きやすいかもしれませんが、医療分野や製造業での用途拡大、販促ツールや遠隔コミュニケーションでの利用と、産業用での需要拡大が見込まれています。

CRI・ミドルウェア<3698>
音声・映像に特化したミドルウェアの研究開発と許諾販売を展開。医療ヘルスケア分野を育成中で海外展開も積極的に進めています。
ゲーム開発向けCRIWAREの2016年ロードマップでは、1.VR向け機能の強化、2.スマートフォンゲーム演出向け新技術、3.スマートフォン向け開発環境の強化の3点に重点が置かれています。6月には「プレイステーションVR」向け立体音響対応、全天球動画対応を予定しています。バンダイナムコエンターテインメントのVR技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト「Project i Can」に同社の統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX tm 2」が採用されました。

サイバネットシステム<4312>
富士ソフトの子会社で、海外製CAE(コンピューターによる工業製品の設計工程支援システム)ソフトの販売・サポートを展開しています。
ARコンテンツ作成を支援する「cybARnet」や、ソニーが従来から研究開発を進めてきた「物体認識技術」と、ソニー独自の「3D空間認識技術」を統合した高機能・高精度なARエンジン「SmartAR (R)」、複数の3次元アプリケーションソフトウェアの描画空間を、リアルタイムに一つの3次元空間として融合し表示する「Fusionシリーズ」などを手掛けています。

ジグソー<3914>
提携先である、英Kudan Limited.が、「AR/VRエンジン+Unity 3D」を日本国内でリリース。メディカル・医療分野のオペサポートや、製造業での活用を見込んでいます。

ショーケース・ティービー<3909>
オープンハウス<3288>、ARアプリ「セカイカメラ」などを開発したオープンランウェイズと業務提携を行い、AR・VR技術を活用し、不動産に関連するサービスの利便性を図っています。

コロプラ<3668>
「VR Tennis Online」や「白猫VRプロジェクト」などVRアプリを手掛けています。国内外のVR関連企業支援に特化した「Colopl VR Fund」を設立し、世界最大級のVR専門ファンドとして、コロプラネクストが運用を行います。

ウシオ電機<6925>
産業用ランプで世界トップ。3D対応のプロジェクターや、VRに対応したプロジェクターや関連機器などを手掛けています。

サン電子<6736>
ARエンジンを持つInfinityAR社、眼鏡型デバイス向けのディスプレイに優れた技術を持つLumus社と業務提携。専用のウエアラブルコンピュータと、業務効率化を行うソフトウエアを組み合わせたトータルソリューション「AceReal」を手掛けています。

その他マーケット情報などは、ツイッター(@harusmile)をフォローしてチェックしてくださいね。

毎営業日のマーケット各種データは、当方のオフィシャルブログ「はる日和」(harumi-kougo)にて、一口コメントはFBにて配信しています♪

フィスコリサーチレポーター
向後はるみ

<TM>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。