マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今週の【JASDAQ市場】4月25日~28日『決算や個別材料株物色は活発』

2016年4月30日 18:41

【買い先行後は伸び悩みも相対的に底堅さ】25日(月)

■概況■2487.55、+2.84
25日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が反発、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり:387銘柄、値下がり:252銘柄、変わらず:68銘柄。JASDAQ平均は、日経平均が利食い売り優勢になった流れを受けて、買い先行後に伸び悩む展開となった。直近で人気化していた銘柄には利益確定の動きが目立ったが、幅広い銘柄に買いが優勢となったことで、日経平均やマザーズ指数との比較では相対的に底堅い動きだった。

◆注目銘柄◆
子会社が創薬ベンチャーと共同研究と伝わったBBタワー<3776>がストップ高。FVC<8462>は一部アナリストレポートが材料視されたもよう。日本サード<2488>はブロックチェーン推進協会参画が買い材料視される。菊池製作所<3444>、アクモス<6888>などドローン関連の一角が上昇、チエル<3933>も連日の大幅高。半面、日本フォーム<7869>、パスポート<7577>、ニッピ<7932>、トリケミカル<4369>などは利益確定売りに押される。シンバイオ製薬<4582>、トレイダーズ<8704>なども売り優勢。JASDAQ-TOP20では、ベクター<2656>、ウエストHD<1407>、セリア<2782>などがしっかり。一方、Dガレージ<4819>、ユビキタス<3858>、インフォコム<4348>がさえない。

--------------------------------

【個人のマインド悪化で下落、戻りも相対的に鈍い】26日(火)

■概況■2460.23、-27.32
26日(火)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が反落、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20は続落となった。値上がり:164銘柄、値下がり:473銘柄、変わらず:58銘柄。JASDAQ平均は安寄り後徐々に軟化、前場中頃から後場寄りにかけて下げ幅を広げる展開になった。日経平均の下げ幅拡大が個人投資家のマインド悪化を誘ったが、相対的に戻りは鈍くとどまった

◆注目銘柄◆
アスコット<3264>がストップ高、中国平安グループ系が株式を取得で筆頭株主になったことが材料視される。FVC<8462>は投資先企業の上場期待が再燃で連日の急伸。USEN<4842>はアナリストの新規買い推奨が材料視され、DAC<4281>は上方修正が好感される。半面、ドーン<2303>、日本サード<2488>、チエル<3933>、ニッピ<7932>、トリケミカル<4369>などは利益確定売りに押される。シンバイオ製薬<4582>、ラクオリア創薬<4579>などバイオ関連にも売り圧力。JASDAQ-TOP20では、ベクター<2656>、メッセージ<2400>などがしっかり。一方、クルーズ<2138>、ユビキタス<3858>、インフォコム<4348>、ザイン<6769>などがさえない。

--------------------------------

【小動きも幅広く押し目買いの動きが優勢に】27日(水)

■概況■2465.31、+5.08
27日(水)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20ともに反発となった。値上がり:352銘柄、値下がり:236銘柄、変わらず:87銘柄。JASDAQ平均は狭いレンジでの動きに終始したが、後場はやや上げ幅を広げた。日経平均は軟化したものの、前日に下落した反動で幅広く押し目買いの動きが優勢になった。

◆注目銘柄◆
ネクストジェン<3842>がストップ高、前期業績見通しや配当実施が好感される。田中化研<4080>は、提携先の住友化<4005>がLiB正極材事業化と報じられたことで思惑買い向かう。ノジマ<7419>は業績上方修正が好感される。アスコット<3264>も連日のストップ高へ。半面、FVC<8462>は連日急伸の反動で利食い売りが優勢に。JASDAQ-TOP20では、田中化研のほか、ベクター<2656>、クルーズ<2138>、ユビキタス<3858>などがしっかり。一方、ハーモニックのほか、フェローテック<6890>、セリア<2782>などがさえない。

--------------------------------

【日銀決定会合の結果を受けて後場は急速に伸び悩む】28日(木)

■概況■2458.20、-7.11
28日(木)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20ともに反落となった。値上がり:181銘柄、値下がり:434銘柄、変わらず:61銘柄。JASDAQ平均は朝高後も買いが優勢となったが、日銀決定会合を受けての日経平均急落を背景に、後場からは一転して売り圧力が強まった。大型連休を控えての手仕舞い売りも急がれる格好に。ただ、日経平均の戻りの鈍さとは対照的に、一時下げ渋る場面もみせた。

◆注目銘柄◆
上半期大幅増益決算も加わってアスコット<3264>が連日の急伸。ガーラ<4777>も大幅高、「Arcane」に期待する向きなどが多いもよう。J・TEC<7774>は黒字転換見通しが好感される。野村マイクロ<6254>、神田通機<1992>は業績上方修正が材料視され、チエル<3933>も大幅高。半面、大型連休を控えて、直近で買い進まれた銘柄群には手仕舞い売りが集まった。FVC<8462>、BBタワー<3776>、ラクオリア創薬<4579>、シンバイオ製薬<4582>などが売り優勢。ドーン<2303>は海外ファンドの保有株減少も弱材料に。JASDAQ-TOP20では、Dガレージ<4819>、セリア<2782>が堅調。一方、クルーズ<2138>、田中化研<4080>などがさえない。

--------------------------------

<TM>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。