マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】協和エクシオ、ライオン、イーレックスなど

2016年5月10日 16:40

<2395> 新日本科学 557 +80ストップ高比例配分。投資先(持株比率23.12%)のWaVe社が米ファイザーと核酸治療薬を共同開発することで合意したことが材料視されている。前日の前引け後にリリースがあり、前日もストップ高水準まで急伸している。最大で総額911百万ドル+ロイヤリティのライセンス契約を締結している。

<4350> メディカルシステム 637 +100ストップ高。日本郵便の郵便サービスを活用した在宅医療向けサービスを開始すると発表、先に報道されている内容ではあるが、6月上旬からサービス開始を予定するなど、順調な計画進捗を受けて、中長期的な企業価値の向上期待があらためて高まる状況に。今期の2ケタ減益見通しを受けて直近で下落した反動なども強まる形のようだ。

<9517> イーレックス 1879 +277上昇率2位。前日に決算を発表、前期営業利益は17.2億円で前期比17%増益、今期は26.6億円で同55%増益の見通しになっている。昨年5月の中期計画では20億円の計画であった。契約供給施設、販売電力量の増加が業績拡大の背景に。また、新たに中期計画を策定しており、19.3期売上高673億円、経常利益70億円を掲げている。

<4912> ライオン 1548 +180大幅続伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は58億円で前年同期比2.7倍と急拡大、上半期予想は65億円から80億円に上方修正している。好業績は想定されていたものの、上半期コンセンサスは70億円弱の水準であったとみられ、想定以上の好決算と捉えられている。国内の一般用消費財部門が好調推移継続、タイや韓国など海外の販売も堅調であった。

<1951> 協和エクシオ 1450 +207大幅高。前日に決算を発表、営業利益は184億円で前期比0.3%増益、従来予想の210億円を下回った。一方、今期は200億円で同8.6%増益の見通し。前期業績の下振れは想定線、今期の市場コンセンサスも185億円レベルであったことから、過度な警戒感が後退する状況になっているもよう。また、発行済み株式数の2.77%に当たる270万株を上限に自己株式の取得も発表しており、評価材料となっている。

<6707> サンケン 314 -54急落で下落率トップ。前日に決算を発表、前期営業利益は68億円で前期比39%減益、従来予想の60億円は上振れた。一方、今期は70億円で同3%増益の見通しで、市場コンセンサスの80億円程度を下振れへ。想定レートは105円としているが、比較的強気の見通しが多かった傾向もあり、ネガティブに捉えられているようだ。なお、前期末配当金は無配としている。

<8572> アコム 632 +54買い優勢。前日に決算を発表、今期営業利益は648億円で前期比4.2倍と大幅な増益見通しに。市場コンセンサスとの比較でサプライズは限定的であるものの、野村證券が投資判断を「ニュートラル」から「バイ」、目標株価を550円から680円に引き上げており、買い材料視される展開。中計の開示によって成長性と収益性の改善が確認できたとして、マイナス金利政策下での勝ち組金融銘柄と位置づけている。

<9831> ヤマダ電機 556 +25大幅反発。前日に決算を発表、前期経常利益は627億円で前期比77%増益、ほぼ市場コンセンサスレベルでの着地となった。一方、17.3期は800億円で同28%増益の予想。消費増税前の特需なども想定しているもよう。SMBC日興証券では、特需発生は想定していないものの、人件費やポイント費用など販管費の前提が保守的であり、会社計画の達成は可能とみている。

<XH>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。