マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人ブロガー三竿郁夫氏:タイはアジア自動車生産のハブ拠点!

2016年5月13日 12:48

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人ブロガー三竿郁夫氏(ブログ「Japan Inside Thailand -真の日タイ連携を目指して- 」を運営)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

「アジア自動車の生産ハブ拠点 タイ」

日産自<7201>の電撃発表に驚いたが、さもありなん。アジアビジネスの観点から、特にタイをアジアの自動車生産ハブとして、確固たる地位を得ている三菱自<7211>は、アジアビジネス展開上、タイで出遅れた日産に取って最も魅力的なパートナーだ。

三菱自は、タイの最大の貿易港ラムチャバンの至近の一大工場で、サミットグループ等のタイの財閥系部品会社とともに三菱自本体の業績を支えてきた。三菱自のレポートで必ずタイが出てくるのは、その背景がある。

ホンダ<7267>もアユタヤ洪水の後でバンコクの東プラチンブリ県に一大工場を作り、アジアのハブ拠点として大衆車Civicの輸出基地となりつつある。今年にもタイホンダの売上の輸出比率が50%を超える。

インドで40%のシェアを持つスズキ<7269>も、ラムチャバンに近いエリアに一大工場を稼働させてインド-タイの連携を強化させている。アセアン経済共同体(AEC)で加速していくタイを中心とした新興アジア自動車産業クラスター戦略は、日産ルノーグループに取って最重要課題であることは間違いない。ミャンマーのダウェイプロジェクトは、日産の重要拠点インドチェンナイの工場とタイの自動車生産ハブをつなぐ、日産-三菱自グループの強い味方となるだろう。

- 日産グループのタイでの展開強化
- インドチェンナイとの連携
- スズキに対抗する軽自動車のアジア展開
の3点でこの連携の持つ意味は非常に大きい。

今回の問題は、リコールと違って、技術そのものの問題ではなく、業務管理の問題だ。

ゴーン改革で日産が見事に再生したように、三菱自の意欲ある若手プロジェクトメンバーを登用して、三菱グループの陋習で腐りきった組織の業務改革をすれば、必ずや業績向上につながるだろう。

その結果に期待したい。

----

執筆者名:三竿郁夫 JI Solution Japan 代表
ブログ名:「Japan Inside Thailand -真の日タイ連携を目指して- 」

<FA>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。