マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】パナマ文書は大山鳴動して鼠一匹

2016年5月16日 7:58

多数の大企業や個人が不当な課税逃れをしていたとして、「パナマ文書」が世界で大騒ぎとなっている。マスコミの報道はパナマ文書に載っている企業や個人はそれだけで、どうやら不当な課税逃れをしていた疑いが強いというトーンになっている。「合法的な脱税」といったような矛盾をはらんだ言葉づかいも見受けられた。
 しかし、脱税は違法なのであって、もし合法的な行為であればそれは単なる節税ないし「違法ではない租税回避」にすぎない。現時点では、合法違法全てひっくるめて租税を回避することはけしからんという風潮になっているが、それは「何かしら不平等な課税回避が行われているのではないか」といった漠然とした思いを背景とした倫理的・感情的な非難のようにみえる。
 海外ではパナマ文書に載っていることにより非難が集まり、公人が辞職するケースも出ているが、これも何が違法な脱税にあたる行為だったのか判然としない。
 パナマ文書に企業名や個人名が載っているだけで犯人を見つけたような大騒ぎをしているのは妥当ではない。本来的には国内法に照らして違法な脱税に当たれば取り締まるだけで何も特別なことはない。
 それぞれの国の国内法で違法な脱税行為については当然規定がある。日本を例にすると、日本の名だたる上場企業がパナマに子会社を設立して、大規模な脱税ができるかというと、事はそのように簡単ではない。既にタックスヘブン対策税制がとられているし、大規模な資金の移動等が当局に見逃されるはずもない。そのような行為に及んだ場合のリスクも巨大である。
 今回のパナマ文書については、各国が租税回避を阻止する為、国内法の規制を強化するなどの契機になる可能性はある。ただ、だからといって既に行われた合法的な行為について遡及的に課税したり処罰することはできない。先進国では大原則として、税や刑罰については当該行為よりも先に法制化しておく必要があるのであり、遡及効は認められないのである。
 今回の大騒ぎは結局のところ、大山鳴動して鼠一匹といった事態になるのではないだろうか。

<YU>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。