マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】「RIZAPグループ」誕生!1000億円企業へ! ~今期17年3月期も営業利益2倍超予想~

2016年5月16日 19:37

みなさん、こんばんは。
フィスコリサーチアナリストの飯村真由です♪

パーソナルトレーニングジムRIZAPの親会社である健康コーポレーション<2928>が本日16日引け後に本決算を発表しました。以前から応援している企業であり、5月のYahoo!ファイナンスの株価予想に出している銘柄でもありますので、決算内容と同時に開示されたリリースについてまとめたいと思います。

★前期は大幅な増収増益!
16年3月期は売上高554.48億円(前期比41.8%増)、営業利益50.66億円(同2.4倍)と大幅な増収増益で着地しましたが、売上高は601.30億円の計画から46.82億円ほど下振れる結果となり、配当については前回予想9.15円~9.63円を7.60円に修正しています。売上高の未達は、期中に予定していたM&Aの期ずれによる影響が大きく、また上場子会社の夢展望<3185>とSDエンターテイメント<4650>が想定を下回ったことが要因です。しかしながら、RIZAPが前年比で約2倍の増収、過去最高の大幅な増益となったことで、営業利益に関しては子会社の未達分を完全に吸収する形で期初予想を達成してきたことは高く評価できるでしょう。また、M&Aにおいても大幅なディスカウントでの取得を次々と成功させており、今後の業績貢献が期待できる点は非常にポジティブです。

★RIZAPグループ新体制へ移行!
7月1日付で純粋持株会社制に移行し、商号を「RIZAPグループ株式会社」に変更することを発表しました!RIZAPグループの理念は、『「人は変われる。」を証明する』です!中期経営計画「COMMIT2020」で掲げた連結売上高3000億円、営業利益350億円という目標達成に向けて新体制に移行し、グループ全体戦略の構築と実行、グループ間シナジーの最大化、最適リソース配分、M&Aを含む機動的な事業再編、コーポレート・ガバナンスの更なる強化を図る方針です。また、商号についても、極めて高い認知度と好感度を誇るRIZAPブランドを持株会社の名称にすることで、爆発的に拡大を続けるRIZAPの顧客基盤を多面的なサービスの成長につなげていきたいとしています。同社の美容・健康食品の通販事業は、新設する「健康コーポレーション」(新設法人)に承継させる予定となっており、6月20日に開催予定の定時株主総会にて承認されることを条件として実施されます。さらに、新設する経営諮問委員会には外部の有識者として、竹中平蔵氏、藤田勉氏、松岡真宏氏の3名が就任する予定で、同社の経営戦略、経済・金融市場の見通しについて客観的な助言・指導を行っていくようです。

★今期も営業利益2倍超の高成長!
今期17年3月期の売上高は1000.00億円、営業利益101.50億円を見込んでいます。RIZAPの海外展開の加速および「どろあわわ」などの通販商品におけるアリババとの提携による越境EC販売などグループ全体での海外事業の加速化に伴い、今期から国際財務報告基準(IFRS)を適用することから日本基準を適用していた前期実績値の増減率の記載はありませんが、単純比較においては売上高が前期比80%増、営業利益が同2倍と高い伸びを示しています!特に営業利益に関しては3年間で約5倍の驚異的な成長スピードとなっており、2期連続で2倍超の高成長をキープする見通しですが、M&A寄与分などを考慮すると保守的に見積もっているようにも感じられます。また、今後もM&Aやグループ各社の構造改革を更に推し進める方針で、RIZAPグループ全体の更なる成長が期待されますので「COMMIT2020」の前倒し達成などもあるかもしれませんね。(決算短信では、「早期達成について確信した場合には速やかに公表させていただき、中期経営計画の見直し及び新規策定を含めて検討してまいる所存です」と記載されています)

★今期営業利益2倍の価値とは?
ここで、今期(2017年3月期)営業利益が前期比2倍という数字について、参考数値とともに比較してみましょう。
日経225採用銘柄のうち、2017年3月期の業績予想を発表している3月期決算企業(158社が該当)の場合、今期平均増収率は-1.0%、今期平均営業増益率は-5.2%となっています。
日経225に関しては足元の円高傾向によって保守的な業績予想を出している銘柄が多く、また同社は札証銘柄ですので比較対象とするには相応しくないかもしれません。
あくまで参考程度に受け止めていただければと思いますが、先行投資を行いながらも驚異的な利益成長を続けており、なおかつ株主還元にも積極的である点が同社の魅力ではないかと思います。

★取得後直ちに消却は株価にとってポジティブ!
2015年3月2日に発行した第2回および第3回新株予約権(ターゲット・イシュー・プログラム「TIP・2015モデル」)については、同社が取得・消却を行うと発表しました。行使するか否かの決定権はもともと同社側にあり、発行当時に比べて飛躍的に業績が伸びていることから、本新株予約権は割安であると判断したようです。これは業績成長に対する強い自信の現れによるものであり、同社にとって賢明な決断と言えるのではないでしょうか。それぞれの行使価格が800円、1000円で設定されていたことから株価は800円水準が上値抵抗として意識されてきましたが、取得後直ちに消却によりこれがクリアになったことは投資マインドを大きく向上させそうです!また、業績の拡大に伴い今期予想PERは14.8倍台へと大幅に低下し割安感が意識されることから、昨年5月につけた上場来高値1085円を目指す展開に期待したいですね。

今回、期待が向かっていた鞍替え発表はありませんでしたが、「RIZAPグループ」の誕生はホットなNEWSですね!来週23日(月)にグループ合同アナリスト説明会が開催される予定になっており、私も参加してまいります。また、説明会開催後に個別で取材させていただく予定ですので、RIZAPグループの成長ストーリーなどをお聞きしてきたいと思っています。

<SF>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。