マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国の小米が急減速、「15年増収率は5%に低迷」の報道も

2016年5月25日 14:36

“中国のアップル”と呼ばれ、創業から数年で世界大手に大躍進したスマートフォン大手・小米科技(シャオミ)の成長が急減速している。2015年の売上高は前年比でわずか5%増の780億人民元(約1兆3100億円)にとどまり、増収率は14年の135%から大幅に鈍化した。人民元相場の下落を考慮すると、米ドル建てベースでは3%減収という低水準。創業者で董事長の雷軍氏は昨年3月の時点で、「1000億人民元(↑35%)」を目指すとの目標を掲げていた。
中国版「フォーチュン」がこのほど、同社の公共事務総監の話として報じたもの。ただ、25日付の香港メディアによると、同記事を転載したインターネット上のニュースは多くが削除されたという。
小米の報道官は取材に対し、「売上高に関するデータは公表していない」と返事。直接の回答を避けている。ただ、「モバイル端末市場が減速する中にあっても、昨年の端末販売台数は7000万台を超えた」と述べた。
苦戦の背景には、中・高価格帯スマホの人気があるとみられる。中国スマホ市場の主戦場は「新規購入」から「買い替え」へと移行しつつあり、小米の低価格路線に限界が見え始めたためだ。実際、IDCが先ごろ発表した今年1~3月期の世界スマホ出荷シェアによれば、中国メーカーでは中・高価格帯に力を入れる華為技術(ファーウェイ)などが上位に入り、小米は5位圏外に転落した。
2010年設立の小米は、新興のスマホメーカー。低価格とハイスペックを両立させたデザイン性の高い機種で、若者を中心に人気を集めた。14年の販売台数は6112万台に達し、前年の3.3倍に急増。設立から4年足らずで、携帯端末の世界大手へと急成長した。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。