マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ドーン Research Memo(9):空間情報技術(Spatial-IT)×クラウド×緊急性で次のヒットを狙う

2016年5月25日 16:16

■成長戦略

(2)クラウド型サービスのメニュー拡充の方向性

ドーン<2303>の成長領域は「空間情報技術(Spatial-IT)」×「クラウド」×「緊急性」で表現できる。空間情報(地理空間に紐づけられる情報)は多様化し、爆発的に増加している。例えば、ある場所で不審者を見たというメールやドローンが撮影したインフラの写真などのように様々な端末からインプットされ、高度に加工され、表示・活用される時代に入っている。同社は創業以来、地理情報システム(GIS)にこだわり続けてきた結果、現在では国内トップクラスのGISエンジンソフトウェア会社として地位を築くとともに、GISにとどまらず広く「空間情報技術(Spatial-IT)」を活かしたシステム開発を手掛けており、そこには、空間情報を如何に速く効果的に表示するかといったノウハウや特許技術がつまっている。

他方、情報システム業界では所有から利用への流れ(「クラウド」へのシフト)が顕著である。空間情報の利活用は、様々な場所で、様々な端末で行われるのが大前提であり、リアルタイムに更新され、地域を越えて活用される傾向にある。これらはまさに「クラウド」ならではの提供価値である。同社では「クラウド」で提供するための堅牢なデータセンター運用や専用ヘルプデスクによる対応などに磨きをかけてきた。

また、同社が得意とする分野は「緊急性」が高く、1秒でも速く動作することや決して止まらないことが強く求められるシステムであり、例えば警察・消防をはじめとした防災・防犯関連や医療関連で使われる数々のシステムを手掛けている。そして、この「緊急性」が最も重視される分野では、システムに求められる機能はすべてのユーザーで共通化できる傾向がある。

同社は今後も、「空間情報技術(Spatial-IT)」×「クラウド」×「緊急性」をテーマに、公共性が高く、人々の安心安全に貢献するサービスの新しいメニューを投入し続け、全国のユーザーのニーズに応えていく、それが同社の成長シナリオだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<HN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。