マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:米中、英国めぐる懸念やや後退も

2019年10月9日 18:42

S&P500先物       2915.50(+23.00) (18:20現在)
ナスダック100先物  7691.00(+69.00) (18:20現在)

 18時20分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は堅調推移。NYダウ先物は180ドル高ほどで推移している。欧州株式市場は全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.30ドルほどの上昇で推移。こうした流れを受け、9日の米株式市場は買い先行で始まりそうだ。

 中国が「劉鶴副首相が米国の招きで訪米する」と改めて表明したほか、「米国との部分的な貿易合意にオープン」との姿勢も示しており、明日からの米中の閣僚級通商協議への進展期待がやや再燃も。また、「英タイムズ紙が、ブレグジット交渉でEUが大きな譲歩をする用意、と報道」と伝えられたことも好感されよう。NY原油先物は、米国内在庫の増加予想から軟調な展開が予想される。

 本日発表となる米国の経済指標は、8月JOLT求人件数と8月卸売在庫改定値。JOLT(求人労働移動調査)求人件数は、5カ月ぶりの低水準となった前月からやや増加すると予想されるが、雇用ペースの減速感の払拭は見込みにくいと思われる。また、ややタカ派的だったといわれた9月17-18日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨も注目される。

<KK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。