マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国のファーウェイ:特許侵害でサムスン提訴、「最大手追撃」狙う

2016年5月26日 12:24

通信機器メーカー世界大手の華為技術公司(ファーウェイ)は25日、第4世代(4G)通信技術やスマートフォンの一部機能に関する同社の特許権を侵害したとして、韓国サムスン電子を中国と米国の裁判所に提訴したことを明らかにした。使用料の支払いを求めて協議を持ちかけたが、見解が一致しなかったため、訴訟するに至ったという。複数の中国メディアが伝えた。
華為が訴訟に踏み切った背景については、使用料の受け取りが主な目的ではなく、スマホ販売で上位に立つサムスンを追撃したい狙いがあるとみられている。米調査会社のIDCによると、華為は2015年のスマホ出荷台数シェア(7.4%)で初めて世界3位に浮上。首位はサムスンの22.7%、2位は米アップルの16.2%だった。
また、特許開発の面ではすでに華為が優位。同社は昨年、国際特許の出願数で2年連続の世界首位に付けた。また、アップルとの相互ライセンス契約では、特許の許諾件数が華為→アップルが769件、アップル→華為が98件となり、華為がアップルから使用料を受け取る形に転じているという。
サムスン側は今回の提訴に対し、「訴状の内容を確認する」とのコメントにとどめている。ただ一部メディアでは、アップルの時と同様に、サムスンが別件で華為を提訴することも考えられると報じた。知的財産権をめぐる法定闘争へと発展する可能性が指摘されている。
サムスンは2011年以降、スマホの特許をめぐり、アップルとの世界各地で訴訟合戦を繰り返してきた。数年にわたる攻防を経て、最終的にはアップルが勝利する形でひとまず事態が収束。両社は昨年、サムスンがアップルに対して5億4800万米ドルを支払うことで合意している。この結果がサムスンの企業イメージにマイナスの影響を与え、同社の成長停滞につながったとみる向きもある。
1987年に設立された華為は、広東省深セン市に本社を置く。世界170カ国以上に拠点を置くグローバル企業。内外の大手通信キャリアを顧客に取り込んだ。調査会社ガートナーによると、中国のほか、ドイツ、スウェーデン、米国、インド、ロシア、日本など各国に16の研究開発センターを設置している。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。