マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】「リーマン・ショック前と同様の状況」はあながち間違いではない

2016年5月30日 7:57

安倍首相が消費増税の先送りの意向を党幹部に示したようである。安倍首相は従前からリーマン・ショックや東日本大震災のような事態が発生しない限り予定どおり消費増税を実行すると述べていたが、先日の伊勢志摩サミットで現在の世界経済の情勢についてリーマン・ショック前と同様の情勢にあるという見方を示し、消費増税の延期の地ならしをしたのではないかと見られていた。
 安倍首相の世界経済の現状認識については、サミット各国の首脳から「現在の情勢はリーマン・ショック時とは違う」という意見が出た他、国内でもリーマン・ショックを持ちだしたのは消費増税延期の口実ではないかという声が多く聞かれる。
 確かに、現時点ではリーマン・ショック時のような激烈な経済の落ち込みの最中というわけではない。特に、世界最大の経済大国である米国は思ったより経済指標が底堅く、数ヶ月内に2回目の利上げが行われそうである。
 しかし、新興国なかでも世界第二位の経済規模となった中国の情勢は非常に危うい(ところで世界第二位となった中国を今後も新興国と呼ぶのだろうか)。昨年夏、今年初めと2回のチャイナショックを経たが、中国の過剰設備・供給問題、債務過剰の問題は未だ解決していない。回復の兆しも見えつつあったが、足元の経済指標は再び弱含んでいる。にもかかわらず、都市部の不動産価格は先般の不動産バブルを超えるような急上昇を見せている。中国経済がさらに変調をきたしバブルが破裂すれば、そのショックはリーマン・ショック級となる可能性は十分ある。
 従って、安倍首相の「リーマン・ショック前」と同じような情勢という認識はあながち間違いとはいえない。
 もし、中国のバブル破裂と消費増税が重なったら、日本は増税したのに逆に税収が減少するという無意味な事態になるだけでなく、まさにリーマン・ショック級の事態となろう。
 中国は数十兆円にものぼる交通インフラ投資や構造改革でソフトランディングを目指しているが、ソフトランディングが確実になるまで情勢を見極めるのは賢明といえる。
 リーマン・ショック前には引き金となったサブプライムローンは規模が小さく、全体に影響は及ばないだろうという楽観的な見方が大勢だった。しかし、その後の展開はご存知の通りである。
 今回も米国が堅調だから大丈夫だろうではなく、新興国・中国発の危機に備えておく必要がある。楽観的な情勢判断をするより、悲観的に見てちょうどいいくらいと思われる。

<YU>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

初心者でも100万円が夢じゃない 取引全自動のFXシストレ超実践ガイド
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。