マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】東陽テクニカ— 様々な“はかる”技術で産業発展に貢献、通期達成に向けて力を溜める

2016年6月8日 8:19

東陽テクニカ<8151>は、情報通信から、イメージングツール(いわゆる顕微鏡)、振動・騒音や海洋にいたるまで、広範な領域に最先端の計測・測定機器を提供する商社である。

足元の業績は16年第2四半期で、売上高が前年同四半期比5.6%増の129.91億円となった。その一方で、利益段階ではいずれも減益となっている。売上高の増加については、情報通信、EMC/大型アンテナ、海洋/特機、メディカルシステムなどのセグメントが前年同四半期比で大きく伸びたことが寄与している。具体的な要因としては、(1)国内キャリアの仮想化への投資の増加及び、携帯端末向け試験サービス需要の拡大(2) 自動車関連の国内EMC大型案件 (3)中国市場での液晶評価システムの引き合い増加(4)国内医療機器メーカー向け製品の好調などである。一方で利益面については、円安による売上原価の増大、販管費の増加、自己株式の取得などが重なり、減益となった。

今後の戦略としては、同社グループが持つ幅広い測定技術やノウハウを融合させた独自ソリューションの提供を推し進めるとともに、積極的な投資や買収によるビジネス領域の拡大を標榜している。今期もその方針に沿って、情報通信測定機器に係るソフトウェア開発を行うPolyVirtual Corporationを同社グループに加えたことにより、関連費用が増加したことも増収減益の要因の1つとなっている。

17年9月期の連結業績予想は、成長余地の大きい中国市場において、オリジナル開発商品の投入、人員増加などを通じて積極展開を進める。これらにより、売上高は、前期比7.2%増の 225.00億円、営業利益は前期比38.9%増の17.50億円、経常利益は前期比13.3%増の19.00億円を見込んでいる。

<TN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。