マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【今週の注目トピック(2)】話題のテーマ『配車サービス、LINE、SIer、NEW_LINE__』など

2016年7月10日 18:13


■自動運転車、死亡事故直後に本格競争始まる(7/5)

【自動運転車】
ドイツの高級車大手BMW、米半導体大手インテル、イスラエルのソフトウエア開発会社モービルアイが自動運転車の共同開発プロジェクトを発表。この前日に米当局が自動運転技術に関連する世界初の死亡事故発生を明らかにした。自動運転技術に大胆に賭けた企業にとっては、悪い知らせに聞こえるかもしれない。だがBMW、ダイムラー、フォルクスワーゲン(VW)といったドイツの主要自動車メーカーが、自動運転技術の開発に乗り出してきた米テスラ、グーグル、アップルなどからリードを奪い返す契機になる可能性もあると、米紙WSJが伝えてる。


<6758>ソニー {画像センサー、ZMPに出資}
<3652>DMP {画像処理半導体}
<4667>アイサンテクノロジー {自動運転の公道実験を実施}
<2303>ドーン {地理情報}
<3663>アートスパークHD {子会社がZMPへ出資}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■LINE、IPO仮条件を引き上げ−需要好調で(7/5)

【LINE】
対話アプリのLINEは4日、新規株式公開(IPO)の仮条件を引き上げた。旺盛な需要を受け、最大1155億円の調達を目指す。新たな仮条件は2900~3300円。これまでは2700~3200円としていた。


<2489>アドウェイズ {LINEと代理店契約}
<2121>ミクシィ {LINEを使ってモンスト}
<3632>グリー {LINEと「Epic Voyage」設立}
<7844>マーベラスAQL {「LINE GAME」配信}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■ウーバーしのぐグラブ、東南アジアで躍進(7/5)

【配車サービス】
米配車サービスのウーバー・テクノロジーズは中国とインドで現地のライバルと激しい競争を繰り広げているが、別のアジア市場でも地元の新興企業に優位に立たれていると米紙WSJが報じている。東南アジアの広域でタクシー配車アプリを提供するのがグラブ。グラブが営業する東南アジアの都市数はウーバーよりも多く、モバイルアプリ分析会社アップアニーによると、グラブは利用者数でもウーバーを抜いたという。東南アジアの人口は6億人で、米国の2倍近くになる。


<7203>トヨタ {米ウーバーテクノロジーズと資本・業務提携}
<9984>ソフトバンクグ {インドや中国のタクシー配車サービス企業に出資}
<3669>モバクリ {アナログ無線からIP無線システムへの移行で恩恵}
<6702>富士通 {富士通テンがタクシー配車システム}
<5802>住友電工 {住友電工システムソリューションが配車支援ソフト}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■全国銀行協会、銀行間で24時間送金できるシステム構築を進める(7/5)

【SIer】
大手銀行では平日の夜間や土日などに直ちに送金できるようにするための対応が進んでいると報じられる。三井住友銀行では同行内の口座であれば、平日の夜間や土日祝日もコンビニのATMやネットバンキングなどで直ちに送金できるようにしている。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行も来年以降の導入に向けて同様の対応を進めているもよう。また全国銀行協会では、異なる銀行間で24時間送金できるシステムの構築を進めているとのこと。


<9753>IXナレッジ{メガバンクなど金融、保険向けのシステム開発}
<9682>DTS {独立系SIer、銀行・生保等へのシステム開発案件}
<9759>NSD {独立系SIer、メガバンク、生保・損保向けシステム開発}
<9613>エヌ・ティ・ティ・データ{公共分野のシステム開発など}
<3626>TIS{銀行向けシステム、ネットバンキングシステム}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−


■先週の熱中症での搬送は2800人超(7/5)

【猛暑対策】
総務省消防庁は5日、6月27日-7月3日の1週間に全国の2847人が熱中症で救急搬送されたとの速報値を発表。前週の865人の3.3倍に増えている。


<2502>アサヒ {ビール}
<2206>江崎グリコ {アイス}
<4578>大塚HD {ポカリスエット}
<4912>ライオン {冷却グッズ}


−−−−−−−−−−−−−−−−−−


<TM>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。