マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SDエンター Research Memo(6):非常に安定したビジネス

2016年7月11日 16:57

■各事業部門の現状と成長戦略

(4)施設管理事業

a)足元の業況
SDエンターテイメント<4650>の施設管理事業は映画館の運営を行うシネマ部門と、自社物件の賃貸経営を行う賃貸施設管理部門の2つからなっている。2016年3月期は、シネマ事業の売上高が912百万円(前期比13.0%増)、その他の売上高が276百万円(同4.5%増)となり、施設管理事業としては売上高1,189百万円(同11.0%増)、営業利益134百万円(同34.7%増)となった。営業利益率は11.3%となった。

シネマ部門は、2015年度の日本の映画興行収入が前年度比4.9%増の2,171億円に達したことを反映し、同社も増収となった。「ジュラシック・ワールド」「スターウォーズ/フォースの覚醒」、「妖怪ウォッチ」などのヒット作が例年より多く上映できたことに加え、一部店舗では競合店の撤退の恩恵を受けた。

その他は、新たに室蘭市の店舗の遊休スペースを他社のカラオケ店に賃貸したため増収となった。

b)成長戦略
シネマ部門では、映画館の増設は難しいため、既存施設に対する集客増が成長源となる。集客増に向けた施策として、同社はディノスシネマでしか開催されないイベントによる限定感やコア感のアピールに注力している。具体的には、ペンライトを持ち込んで登場人物に声援を送る『応援上映』イベントや、映画館内の売店について、カフェと提携してより価値の高い空間づくりを行うことで集客につなげるコンセッション・リニューアルのなどの施策を実行している。

賃貸施設管理部門は、地味ではあるが非常に安定したビジネスとなっている。現在は自社物件の賃貸管理が中心だが、今後は社外のビルの賃貸管理を請け負うファシリティマネジメントが本格的に拡大することが期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。