マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:家賃高騰に泣く新社会人、窮屈な部屋で節約の日々

2016年7月13日 10:03

中国で7月は、大学を卒業した新社会人が続々と仕事を始める季節だ。しかし、新社会人を待っているのは、家賃が高く窮屈な部屋に住み、節約にいそしむ日々。初任給は3000人民元(約4万6200円)程度で、そのうちの多くが家賃に消えてしまうという。中国新聞網が11日付で伝えた。
麦可思研究院がまとめたリポートによると、昨年、中国の大学新卒者の就職半年後の平均賃金は3726人民元だった。2014年に比べて239人民元、13年に比べて476人民元ほど上がったが、その多くは家賃に消え、新社会人たちの生活は楽ではない。北京では卒業シーズン後の6~7月に賃貸住宅の需要が膨らむため、家賃相場が高くなる傾向にある。大卒者が増え続けていることで、家賃も上がる一方だ。ある不動産会社によると、北京市内の1平米当たり家賃は10年7月の時点で47.2人民元だったが、15年7月には72.8人民元と、54.2%も上がった。
北京の大学を卒業したある男性は、学生寮を出てからまず、家探しに苦労したと話す。友人らと計6人で15平米ほどの部屋を借り、ここを拠点に家探しをした。不動産会社の情報やインターネットの情報を頼りに1日10件近くを下見し、3日目にようやく、家賃2000人民元余りで狭いワンルームの部屋を借りることができた。家賃は月収の半分にもなるが、環境が良いとは言えない。それでも借りられただけで一安心だったという。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。