マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:北京市が「戦時対応」指示、南シナ海仲裁判決で世論激化警戒か

2016年7月14日 14:00

中国:北京市が「戦時対応」指示、南シナ海仲裁判決で世論激化警戒か
オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が「南シナ海での中国の管轄権を認めない」とする判決を下した12日、北京市当局は各機関に対し、「戦時状態」への緊急対応を行うよう指示した。米国在住の中国人評論家である何清漣氏は、指令は対外戦争を意識したものではなく、世論の激化による不測の事態に備えたものと指摘している。米系メディアが伝えた。
南シナ海の領有権をめぐりフィリピンが申し立てた裁判で、仲裁裁判所は12日、中国が管轄権の根拠とする「九段線」には国際法上の根拠がないとの判決を下した。
北京市当局の発表によると、「戦時状態」への対応期間は12日午前8時から17日午前零時まで。情報収集と世論対策を強化し、突発事件に備えるよう各機関に求めている。前述の何氏によれば、国内向けの治安対策であることは明らかで、実際に民衆の抗議行動に備え、フィリピン大使館周辺などでは警備が強化された。
何氏によると、今回の判決に対する中国のインターネット世論は、◆中国当局と同意見、◆中国当局を揶揄するもの、◆むしろ中国の利益を損なうとして「九段線」に否定的——の3種類あるという。中国当局が警戒しているのは、2番目の世論。この機会を利用して騒ぎをたくらむ者がおり、しかも北京在住者の中にそうした人物が少なくないと、当局はみているという。
また何氏は、数年内に南シナ海で軍事衝突が起こる可能性は小さいとみている。フィリピンなど東南アジア各国が頼みとする米国では、オバマ政権下で軍縮計画が進んでいるためだ。また、米国世論の過半数が海外紛争への干渉に反対するなど、実際の軍事行動に至る下地はないと分析した。
中国側にとっても、国内での覇権争いが激しさを増していることや、軍改革の進展で指揮系統が乱れていることなどを考慮すると、「戦争を避けたいのが本音」と何氏は指摘する。軍事行動に失敗すれば、習近平国家主席が失脚する恐れがあることにも言及した。
【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。