マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【IPO:LINE<3938>】★フィスコが解説★LINE上場と今後の見通し

2016年7月16日 17:58

2016年最大級のIPOとして注目されたLINE<3938>の初値は公開価格を48.5%上回る4900円となった。国内での圧倒的な知名度の高さやブックビルディングにおける25倍弱という高い応札倍率で期待が高まっていた一方、公募額の大きさなどから公開価格近辺での初値形成を見込む声も直前まで多く聞かれた。しかし、東証に先行して上場した米ニューヨーク証券取引所で公開価格32.84ドルに対し初値42ドル、終値41.58ドル(1ドル=105.38円換算で4382円)と好調な滑り出しとなったことが安心感につながり、市場想定を大きく上回る堅調な初値形成となった。

買い気配からのスタートとなり、10時36分に4900円で全株一致となった。寄り付き後は一時節目の5000円まで上昇したが、同水準を突破できずに4520円まで急失速した。その後は戻りを試す場面も見られたが、後場に入ると手仕舞い売りに押され水準を切り下げる展開が続いた。終値は初値を11.3%下回る4345円となった。出来高は2221万株、売買代金は1049億円に上った。

今後の株価動向については、初値が想定以上に伸長した反動で調整基調となる可能性がある。TOPIX組み入れなどのイベントを前に買われる場面もあるだろうが、本日の株価動向から上値の重さが意識され、短期投資家も積極的に手掛けづらいだろう。また、同社は2016年12月期予想を開示していない(前期は79億円の最終赤字)。米フェイスブックやツイッターなどグローバル大手SNSの予想PERは35倍前後となっているが、同社も同水準のバリュエーションで評価するとなれば、本日の終値を正当化するためには200億円台半ばの最終黒字を稼ぎ出す必要がある。「スマートポータル」戦略など収益性向上策への期待は高いが、その進捗を慎重に見極めたい。

なお、上場2日目となる15日の米国終値は39.65ドルとなった。日本円換算(1ドル=104.88円)では4158円、15日の東証終値比較で187円安(-4.30%)だった。

<HK>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。