マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】三井智映子と始める資産運用入門4:資産運用の第一歩、証券口座の開設

2016年7月29日 11:13


こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子です。「三井智映子と始める資産運用入門」として、皆さんと一緒に資産運用について定期的に考えてみたいと思います。この連載を通して投資の必要性を感じて頂けたら嬉しいです。

さて投資を始めようと思ったら、まず必要なファーストステップは、口座を開設することですよね。
連載第4回目の今回は「口座開設」についてお話ししていきたいと思います。

■まずはどこで証券口座を開設するか決める
株式や為替、投資信託を購入する際、個人が直接取引はできないので、証券口座を開設する必要があります。
証券会社で口座を開設するというと、ハードルが高く感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はとっても簡単。銀行の口座開設同様、身分証明証と印鑑さえあれば簡単に開設することができるのです。
では、どの証券会社で口座を開設すればいいのでしょうか。

■どこに着目して証券会社を選べばいの?
証券会社は、それぞれに異なる強みを持っています。手数料が安かったり、サービスが充実していたりなど、各社それぞれの強みをしっかりと比較することが必要です。
その中でチェックするべき条件は、
1.安い手数料
2.商品が豊富なこと
3.サービスが充実していること
4.メジャーであること
だと考えます。
これらの点についてご説明していきましょう。

まずは1.手数料。ネット証券は従来型の証券会社に比べて手数料がかなり割安に設定されていますが、会社によってその料金はまちまちですし、お得なプランを設定している会社もあります。
手数料の目安として、ネット証券最大手のひとつSBI証券を例にとると、通常の現物取引の手数料は、10万円までなら150円、30万円までなら308円。これはネット証券の中では標準的な設定です。SBI証券ではこの一般的なプランのほかに、一日の約定代金合計額に対して手数料が発生する「アクティブプラン」を用意しています。売買頻度が高いデイトレーダーの方はこうしたプランが用意されている証券会社を選んだ方が便利ですよね。
このように、取引金額や取引スタイルによって、かかってくる手数料も違ってきますので、まずはその点をしっかりチェックしてみてください。

2.商品が豊富なこと、に関しては、取引したい商品が網羅されているかどうかをチェックします。「為替を始めたいけれど、いつかは外国株式をやりたい」などと考えている方もいるかと思います。今はそこまで考えていなくても、いずれそうした商品に投資してみたいと考えるようになることもあるでしょう。ところがせっかく口座を持った証券会社にそれに対応する商品がないと、その取引のためにまた別の証券会社で口座開設しなければいけなくなります。手間ですし機会損失となってしまう可能性もありますよね。
金融商品には外国為替、外国株式、投信、FX、ワラントといった投資商品のみならず、保険、個人型年金など、非常に多くのものがあります。自分に必要だと思う商品があるかどうか、その品揃えをぜひチェックしてください。ちなみに、この連載でよく取り上げている総合ネット証券の2015年オリコン日本顧客満足度ランキングには「取扱商品」という部門があって、第1位はSBI証券、第2位野村證券、第3位マネックス証券となっています。

3.サービスについて、ですが、ネット証券は口座開設者に様々なサービスを提供しています。無料で投資関連情報がもらえたり、チャートシステムを使えたりなど、これを使わない手はありません。どんなサービスが付帯しているのか、各社のWebサイトを覗いてチェックしてみましょう。

最後に4.メジャーであること。やはりたくさんの人が選んでいるのには理由もありますし、安心感もありますよね。初めての口座開設では、この安心感は大きなポイントになると思います。
その指標のひとつとしては、やはりオリコンの顧客満足度ランキングが参考になります。前回もご紹介しましたが、2015年の総合ベストスリーは第1位がSBI証券、第2位カブドットコム証券、第3位マネックス証券です。

■口座開設には2つの方法が
以上のようなチェックを終え、証券会社を選んだら、あとは口座開設の手続きを進めていきましょう。多くのオンライン証券では、申し込みに必要な情報のやりとりを殆どオンラインだけでできるようになっています。
もちろん郵送で口座開設をするという方法もあります。必要な書類をダウンロードや郵送依頼して手に入れて、手続きを進めましょう。「本人限定郵便」が受け取れないという方は、郵送による口座開設の方が適しています。

三井智映子と始める「資産運用入門」は資産運用の基礎を三井智映子の見解でコメントしています。

<NO>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。