マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:不動産デベロッパーの資金調達に警戒感、資金繰り悪化に懸念

2016年8月3日 15:16

不動産価格の急速な上昇を受け、中国政府が資産バブルへの警戒感を強めている。政府による監督強化を受け、不動産デベロッパーの資金調達ルートは今後大幅に狭まり、流動性のひっ迫に直面する可能性がある。また、資金調達コストも増加していく見込みだ。本土メディアが3日、業界関係者の見解として報じた。
緩和的な金融政策と国内株式市場の低調を背景に、中国の不動産市場では昨年以降、資金の流入が加速している。住宅価格が大きく上昇する中、デベロッパーの多くが積極的に資金を調達。土地の取得や物件の開発を急いだ。統計によると、不動産業界の起債件数は年初から今月1日までに816件を数え、資金調達額は前年同期比292%増の7588億1200万人民元(約11兆5400億円)に膨らんだ。金融業を除いて、最も起債規模の大きい業界となっている。
銀行からの借り入れも増大。不動産デベロッパーによる借り入れの規模は、今年1~6月に前値同期比で158%増加したという。
これと同時に、デベロッパーが抱える負債の規模も大きく拡大。2015年末の時点で、デベロッパーの有利子負債は3兆2300億8500万人民元(約49兆1300億円)に膨らんだ。1社当たり平均で496億9400万人民元にも上る。
こうした状況に対し、中国政府は資産バブルの抑制に向け、不動産業界に対する管理を強化しはじめた。その一環として、中国証券監督管理委員会が上場デベロッパーに対し、増資による調達資金の使途を制限する方針を示した——と報じられている。資金調達ルートが狭まり、調達コストの上昇も懸念されるなか、一部のデベロッパーは今後、資金繰りの悪化に直面する可能性が指摘されている。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。