マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】大阪金見通し:下落か、米長期金利の高止まりを反映へ

2021年2月24日 7:45

大阪取引所金標準先物 21年12月限・夜間取引終値:6124円(前日日中取引終値↑28円)

・想定レンジ:上限6120円-下限6040円

24日の大阪取引所金標準先物(期先:21年12月限)は下落しそうだ。前日の海外市場で米長期金利が高止まっており、金利のつかない資産である金は売られやすい地合いが継続している。また、昨日はドルの総合的な価値を示すドルインデックスが底堅い動きとなり、ドルの代替投資先とされる金には資金が向かいにくくなっている。こうした動きを映し、今日の金先物は売り優勢の展開となりそうだ。ただ、ここにきて株式市場がやや不安定な動きとなっていることから、安全資産としての金を見直す動きもあり、金先物の下値は限定的となりそうだ。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。