マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:下げづらい値動きか、雇用改善なら買い要因に

2021年5月5日 14:41

(14時30分現在)

S&P500先物      4,170.88(-14.87)
ナスダック100先物  13,576.25(-213.75)

グローベックス米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は軟調、NYダウ先物は100ドル高。NY原油先物(WTI)は上昇し、本日の米株式市場はまちまちとなりそうだ。

4日の取引で主要3指数は高安まちまち。ナスダックは続落したが、続伸のダウは19ドル高の34133ドルで取引を終えた。金融当局者から先行きの回復について楽観的な見解が聞かれ、買い要因となった。半面、連邦準備制度理事会(FRB)の資産買入れの段階的縮小(テーパリング)への根強い観測から金利は上昇し、ハイテク株などへの売りが鮮明になっている。この日は方向感が乏しいなか、景気敏感株の買戻しでダウはプラスで推移した。

本日は下げづらい展開か。長期金利は底堅く推移し、ハイテク株への下押し要因になりやすい。ただ、当局者の発言で正常化への期待が根強いほか、株価の割高感が弱まるなか、引き続き買いは入りやすい。本日発表のADP雇用統計やISM非製造業景況指数の雇用指数で労働市場の改善が示されれば、今週末の雇用統計をにらみ景気敏感株が選好されよう。なお、今晩は決算発表のゼネラルモーターズやエクセロン、ペイパルなどの動意が見込まれる。

<TY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。