マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】クロップツアーによるトウモロコシの視察調査始まる、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2016年8月25日 13:36


こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。
トウモロコシの先物相場についてリサーチしました。

今年6月に近年最高の買い越し枚数を記録したシカゴコーンにおけるファンドポジション。8月12日に米農務省が発表した、今年の米国産トウモロコシが歴史的な豊作になるであろうとの需給報告後も、強気の値動きのように感じています。

シカゴコーンについて松永さんは、
『米農業調査会社であるプロファーマーによるクロップツアーの視察調査が始まっております。プロファーマーによるクロップツアーは、民間最大規模の視察調査であり、精度が高いとされております』と仰っています。
その内容によってはトウモロコシの値動きも変わってくるわけですね。
で、気になる内容はと言いますと、
『クロップツアー1日目は、サウスダコタ州が悪かった反面、オハイオ州が良好でした。クロップツアー2日目は、ネブラスカ州の悪さが目立ちました。今後は、クロップツアーの3日目(24日調査)と4日目(25日調査)が控えており、クロップツアーの最終結果は、日本時間で26日朝方に報告される見通しとなっております』とのことです。

またその中で『今回のクロップツアーによる視察調査(1日目&2日目)で育成期のホット&ドライによるストレスが複数報告されていることは気になります』とされており、『「育成期のホット&ドライによるストレス」により単収見通しと生産高見通しが下方修正される可能性もあり、そろそろ東京トウモロコシに対する強気な見方も一考かもしれません』と仰っていました。

クロップツアーの視察調査結果と、トウモロコシの値動きにも注目してまいりましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の8月24日付「トウモロコシ市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子


<FA>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。