マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】オンコリスバイオファーマ—米国でのOBP-301 Phase2臨床試験のプロトコール申請

2016年9月1日 14:16

オンコリスバイオファーマ<4588>は8月31日、米国で腫瘍溶解ウイルスOBP-301(テロメライシン(R))のPhase1臨床試験を実施するため、米国食品医薬品局(FDA:Food and Drug Administration)に臨床試験実施計画書(プロトコール)を提出したと発表。

本試験では、切除不能または転移性悪性黒色腫(メラノーマ)を対象とし、テロメライシンの腫瘍内投与における有効性、安全性及び腫瘍免疫反応の評価を目的として、米国内の臨床施設で実施をする予定。また、本試験結果をもとに、有効性および腫瘍免疫反応を確認し、今後免疫チェックポイント阻害剤併用試験の実施を目指していくとしている。

テロメライシンは米国で各種固形がんを対象とするPhase1臨床試験が完了しており、その安全性が確認された。また、一部の症例ではテロメライシン投与部位で腫瘍の縮小効果と腫瘍免疫反応が認められ、非投与部位での腫瘍縮小が観察された。

現在、海外では台湾・韓国で肝細胞がんを対象としたPhase 1/2臨床試験が進行中である。国内では岡山大学藤原俊義教授による食道がんを対象とした放射線との併用療法に関する臨床研究が進行すると共に、国立がん研究センター東病院の土井俊彦先生の研究グループと、進行性又は転移性固形がん患者を対象とした他の治療法との併用による医師主導治験契約の締結を決定している。


<TN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。