マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】成長見通し引き下げでも米長期金利は下げ渋りか

2021年7月22日 11:11

 新型コロナウイルス変異株の感染拡大に対する市場の警戒感は消えていないものの、21日のニューヨーク外為市場では、株高を意識してリスク回避的な為替取引は縮小し、主要通貨に対する円売りが優勢となった。株高を受けて米長期金利は上昇したが、豪ドルやNZドルに対する米ドル売りが活発となった。市場参加者の間からは、
「米国におけるワクチン接種回数は他国と比較して相対的に多いことから、経済活動の正常化が著しく阻害される可能性は低い」との声も聞かれている。

 一部の投資家は「米国経済の成長見通しをある程度引き下げる必要がある」と指摘しているが、そうしたことを考慮しても、米10年国債利回りが1%を下回り、年初の水準まで低下する可能性は低いとみられる。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。