マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国人サラリーマンは日米より長時間労働、ハイテク企業で残業多く

2016年9月8日 12:02

中国のサラリーマンの間で長時間労働が常態化している。北京師範大学の研究者によれば、中国人の年平均労働時間は2000~2200時間。これは経済協力開発機構(OECD)のデータが示す米国人の1790時間、オランダ人の1419時間、ドイツ人の1371時間、日本人の1719時間よりも長い。中国のベンチャー企業、特にハイテク分野の企業では残業の多さが深刻で、社内に従業員用の簡易ベッドが設置する企業も多いという。参考消息網が伝えた。
政府系英字紙のチャイナ・デイリーは2012年、中国で「過労死」が増加していると社説で警鐘を鳴らした。また、北京師範大学・経済工商管理学院の頼徳勝・院長は14年の時点で、労働時間の短縮が労働者の心身の健康と労働生産性の向上につながるだけでなく、会社の成長も促すなどと提言している。ただ、中国のベンチャー企業は今もなお、この提言に反した労働環境にある。その背景にあるのは、市場競争の激化だ。中国に流入したベンチャーキャピタルは15年の1年間で、過去最高の370億米ドル(約3兆7671億円)を記録。前年比で2倍に急増している。
ハイテク業界の関係者によると、米国のシリコンバレーよりも中国の職場の方が厳しい労働環境だという。低コストとスピードを武器に、中国企業が事業を急速に拡大していることが背景と指摘された。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。