マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】新興市場見通し:マザーズは出直り歩調強めるか、串カツ田中などIPOにも注目

2016年9月10日 15:17

先週の新興市場では、特にマザーズ指数の上昇が目立った。日経平均が一時節目の17000円を回復したことも支援材料となり、これまでさえない展開が続いていたマザーズ銘柄にリバウンド期待が広がった。円安一服で主力大型株が手掛かり材料に乏しくなったことも、中小型株に物色を向かわせた。なお、週間の騰落率は、日経平均が+0.2%であったのに対して、マザーズ指数は+6.3%、日経ジャスダック平均は+0.8%だった。マザーズ指数は9月7日まで8日続伸した。

個別では、マザーズ時価総額上位のサイバーダイン<7779>が週間で2.4%安となる一方、そーせいグループ<4565>が同14.3%高、ミクシィ<2121>が同3.8%高と堅調だった。また、売買代金上位ではそーせいグループのほかイー・ガーディアン<6050>、CRI・ミドルウェア<3698>、シリコンスタジオ<3907>などが同2ケタの上昇率となった。「東京ゲームショウ2016」に向けてVR(仮想現実)関連銘柄の強い値動きが続いた。また、sMedio<3913>や中村超硬<6166>が同30%超の大幅上昇となる一方、直近IPO銘柄のベイカレント・コンサルティング<6532>などが売られた。ジャスダックでは平田機工<6258>が同9.9%高、夢真HD<2362>が同6.3%高、エン・ジャパン<4849>が同5.6%高と堅調だった。極楽湯<2340>やアエリア<3758>は信用規制実施にもかかわらず活況が続いた。素材大手による電気自動車(EV)用リチウムイオン電池(LIB)材料の増産が報じられ、田中化学研究所<4080>も人気化した。その他、ベクター<2656>や北川精機<6327>がジャスダック上昇率上位に顔を出した。反面、日本精密<7771>や大和コンピューター<3816>が売られた。

今週の新興市場は、堅調な展開が続きそうだ。週初は日経平均の下落スタートに連れてリスク回避の売りが先行する可能性がある。しかし、個人投資家の中小型株への物色意欲は強く、個別材料株やテーマ株の循環物色の流れが続き需給面も比較的良好とみられる。マザーズ指数は直近のもち合いレンジを上放れてきており、出直り歩調を強めることが期待される。

今週は9月12日にネオジャパン<3921>、13日にファーマフーズ<2929>、ジェネレーションパス<3195>、バルニバービ<3418>、はてな<3930>、14日にエニグモ<3665>、サンバイオ<4592>、スリー・ディー・マトリックス<7777>などが決算発表を予定している。ジェネレーションパスやバルニバービ、エニグモなどは業績期待が高いようだ。15日からは「東京ゲームショウ2016」が開催され(一般公開は17日から)、ゲーム株やVR関連株の動向を注視したい。

IPO関連では、9月14日にデジタルアイデンティティ<6533>、カナミックネットワーク<3939>、串カツ田中<3547>がマザーズへ、16日にノムラシステムコーポレーション<3940>がジャスダックへ新規上場する。公開規模の小さい案件が多く、強い初値形成が期待されているが、特にカナミックネットワークは介護・医療ICT関連のテーマ性もあり人気が高いようだ。串カツ田中は比較的公開規模が大きいが、知名度の高さ等が追い風となる。なお、先週はKHネオケム<4189>(10月12日、東証1部または2部)、マーキュリアインベストメント<7190>(10月17日、東証2部)の新規上場が発表される一方、オークネット<3964>が上場を取り止めている。


<FA>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。