マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家元・社長:中期的に注目していきたい、東京ゲームショウ2016関連銘柄を深掘り

2016年9月16日 10:45



以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家元・社長氏(ブログ「元投資顧問会社社長のチラシの裏」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年9月15日13時に執筆


幕張メッセで、東京ゲームショウ2016が本日(9月15日)から開催されています。

株式市場では8月からすでに注目が集まっていましたが、関連銘柄の一部では昨日(9月14日)段階で大きな利食い売りも出てきていますね。

今回は、この東京ゲームショウ関連銘柄の中でも、今後、中期的な成長が見込める関連銘柄をピックアップして深掘り解説していこうと思います。



■東京ゲームショウの概要
東京ゲームショウとは、そもそも一体どんなものなのでしょうか?


▽東京ゲームショウの歴史
今では世界三大ゲームショーの一角と認識される東京ゲームショウですが、第1回の開催は1996年に遡ります。

過去のトピックスを確認してみると、2006年には任天堂のファミリーコンピューター(通称:ファミコン)から最新のゲーム機種まで、ゲームの進化を紹介するテレビゲームミュージアムが人気化。

2007年には出展企業のコナミが発表したメタルギアソリッド4のブースに来場者が殺到。

2011年には初音ミク、2013年にはスマートフォンの普及やスペック向上の背景から、最新ソーシャルゲームに注目が集まりました。


▽東京ゲームショウ2016の概要
東京ゲームショウ2016の開催概要は以下の通りです。

ビジネスデイ:9月15日(木)〜16日(金)10:00~17:00
一般公開:9月17日(土)〜18日(日)10:00~17:00

開場:幕張メッセ


▽ゲームだけじゃない!コスプレイヤーにとっても大きなイベント!?
東京ゲームショウは何も最新ゲームやテクノロジーだけが注目されるわけではありません。東京ゲームショウは、日本ばかりか世界中のコスプレイヤーも大注目するイベントなのです。

例えば、今年も「Cosplay Collection Night @TGS」と題して、国内外200名以上の出演するイベントが開催されます。



■東京ゲームショー2016の注目するべきポイントは、VR/AR関連銘柄
過去の東京ゲームショウではその時代にマッチしたトピックスが生まれたことは、先程述べました。

では、東京ゲームショウ2016ではどんなトピックスが生まれるのでしょうか?

私としては、スバリVR/AR関連に大きな注目が集まるのではないかと見ています。

各種メディアでも、2016年はVR/AR元年として位置づけられており、SIEのゴーグル型端末であるプレイステーションVRがリリースされました。

さらに、7月には日本でもポケモンGOがリリースされ、人気が爆発しています。このポケモンGOでARというテクノロジーが、広く一般的にも認知されてきていると感じています。

こうした土台の上に、今回の東京ゲームショウ2016でVRコーナーの出展企業の中から、今後の中期的に注目されてくる企業が出てくるのではないかと思います。
※当ブログでは、過去に「VR(バーチャルリアリティー)関連銘柄を深掘り特集」、「AR(拡張現実)関連銘柄を深掘り特集」と題して記事を書いておりますので、そちらも併せてお読み頂けますと幸いです。



■東京ゲームショウ関連銘柄は、マーケットでは既に織り込み済み?
とはいえ、今更東京ゲームショウ関連銘柄?と思われる方も少なからずいらっしゃるかと思います。

ここ数日の株価を見れば一目瞭然ですが、マーケットでは既に東京ゲームショウ関連銘柄は元気を無くしている状態です。

そこで、私としては、『今後中期的に注目されてくるだろう』という視点で、東京ゲームショウ2016関連銘柄をピックアップしていこうと思います。



■東京ゲームショウ2016関連銘柄
▽クリーク・アンド・リバー<4763>
VR・AR事業を展開するクリーク・アンド・リバーに注目。

同社は今回の東京ゲームショウ2016で、子会社のVR Japanと共同で、VRヘッドマウントディスプレイ「K2」や関連するソリューションの紹介をする予定です。

また、スマホ向けゲームは人気作品を中心に中国や台湾に拡大していくなど、業績は好調。先月には過去最高益を発表。加えて、8月31日には東証2部から東証1部への指定替えも承認さているなど、今勢いのある企業の一角であることは間違いないでしょう。

同社はVR/AR関連企業として前々から注目されていた企業ですが、業界の中でもエバンジェリスト(伝道師)的な立ち位置にあり、各地で精力的にVR/AR関連イベントに参加・出展しています。

今後もVR/AR関連の中では中心的な存在として見られていく可能性は非常に高いと考えられます。


▽CRI・ミドルウェア<3698>
映像・音声・ファイルシステム・音声認識などの分野でミドルウェアの開発・販売・サポートを行っているCRI・ミドルウェア。こちらも東京ゲームショウ2016関連銘柄の中では注目の企業でしょう。

同社は、9月15日、16日のビジネスデイのみの出展となりますが、ゲームなどで高度なVR演出を実現する像・音声ソリューション群「CRIWARE」を紹介する予定となっております。

すでにCRIWAREを利用して開発したゲームやアプリ、業務用のゲーム機器などは既に全世界で3,000件を超えております(2015年4月段階)。

そうした同社の技術の中で個人的に注目したいのがCRI Sofdec2 for VR。こちらは、酔わないVRを実現する4K60fpsの高品質VRムービー再生技術となっており、今後、様々な分野で注目されていくのではないかと読んでいます。

1度でもVR技術を体験した方であれば、VR酔を経験した方も居らっしゃることでしょう。こうしたVR酔を回避するための非常に有望なソリューションとして、今後注目されてくるのではないでしょうか?


▽コーエーテクモHD<3635>
最後に注目したいのが、コーエーテクモHD。

同社は、ファミコンの時代からソフトを開発してきている老舗企業であるコーエーとテクモとが合併して2010年に誕生した企業。

コーエーと言えば、信長の野望、三国志、大航海時代、提督の決断、蒼き狼と白き牝鹿、ウィニングポストなど、玄人好みのシュミレーションゲームという大きな資産を持つ企業。

今後、こうした玄人好みのタイトルとAR/VR関連のテクノロジーを組み合わせた新たなタイトル…という所を、いちファンとして期待していますので最後にピックアップさせて頂きました。



■その他の東京ゲームショウ2016関連銘柄一覧
ミクシィ<2121>
DeNA<2432>
アドウェイズ<2489>
アクセルマーク<3624>
グリー<3632>
KLab<3656>
モブキャスト<3664>
コロプラ<3668>
gumi<3903>
カヤック<3904>
シリコンスタジオ<3907>
ユークス<4334>
EG<6050>
セガサミーHD<6460>
ソニー<6758>
イマジカロボ<6879>
任天堂<7974>
カドカワ<9468>
スクエニHD<9684>
コナミHD<9766>


----

執筆者名:元・社長
ブログ名:元投資顧問会社社長のチラシの裏

<KS>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。