マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

アイチ・森下安道伝 裏社会の住人と異体同心となって「地下経済の盟主」へ

2021年11月27日 19:00

「年利109.5%」で途方もない利益を得ていたという(イメージ。時事通信フォト)
「年利109.5%」で途方もない利益を得ていたという(イメージ。時事通信フォト)

【連載『バブルの王様』第4回】バブル期に大手ノンバンク「アイチ」を率いた“街金の帝王”森下安道。洋服屋の客にカネを貸し付けたことから金融業への道を歩み始めた森下が貸付総額1兆円を超えるノンバンクを率いるまでにのし上がる手助けをしたのは、闇社会の住人だった。『バブルの王様 アイチ森下安道伝』の4回目、ノンフィクション作家・森功氏のレポートをお届けする(文中敬称略)。

 * * *
 渥美半島の漁村に生まれた森下安道は、終戦の混乱期に洋服の仕立て修業を始め、東京で店を構えるまでになった。「街金融の帝王」あるいは「地下経済の盟主」と呼ばれるほどの資金力を誇るようになるのは、もう少し先のことだ。人と屏風はすぐに立たない、との言葉通り、森下は労せずして巨万の富を得たわけではない。品行方正とはいえないビジネスを数多く手掛け、捜査当局のターゲットにもなってきた。栄辱を繰り返したといえる。
 
 森下は洋服の丸藤商店でひと儲けした資金を元手に、金貸しに商売替えをした。前号に書いたように、成功の秘訣は米進駐軍の運営する売店PX(Post Exchange)に出入りし、英国の高級生地の仕入れルートをつかんだことによる。当初はもっぱら洋品店の取引先を相手に商業手形の割引をした。だが、それだけでは金融業としての広がりがない。
 
 大きなビジネスにするためには、まとまった融資の元手や取引先をつかまなければならない。森下は同郷愛知県出身のフィクサー、加藤正見から神田信用金庫の紹介を受け、さらに永代信用組合などの資金ルートも開拓した。
 
 そして東京・九段に高千穂通商を設立するにあたり、銀座の顔役の力を借りた。いわば事業パートナーが、暴力団「東声会」を率いた町井久之と組幹部たちだ。

 太平洋戦争により、東京をはじめとした日本全国の主要都市が廃墟と化した。そこは秩序の失われたカオスの世界でもあった。警察権力の崩壊した瓦礫の街では、目端の利く者が持ち主のわからない土地に縄を張って陣取り、商売を始めた。やがてその露天商たちを束ねる実力者が現われる。彼らは徒党を組んで愚連隊を組織し、闇市を支配して新たなビジネスを始めた。米進駐軍と結託して荒稼ぎしながら、暴力団となり、文字通りの縄張り争いを演じた。
 
 彼らにとって最も魅力的だったのが、有楽町や新橋、新宿や渋谷といった東京の繁華街だった。そこは政治や経済、暴力が渾然一体となり、街の華やぎを取り戻していった。そうして米統制経済の下、瓦礫の街が瞬く間に立ち直っていった。
 
 そんな治乱時代にあって頭角を現わした一人が、東声会の町井である。在日朝鮮人の町井は、米進駐軍の発行するPD(Procurement Demand=調達要求)を現金化する目的で「中央興行社」を立ち上げた。PDは米軍の発行する期限付きの約束手形のようなものだ。手形と同じように、期限が来れば交換所で現金に換えられるが、その前に割り引く。そこで闇ドルが横行したのは、言うまでもない。
 
 日本人はPDの取り扱いを禁じられていたため、朝鮮籍の町井がそこに目をつけたとされる。町井は中央興行社を設立して期日前のPDをドルに換える割り引き窓口となり、莫大な収益をあげた。
 
 町井はその裏で「関東町井一家」を結成し、勢力を広げていく。朝鮮戦争特需の好景気が訪れたのちの1957(昭和32)年には、銀座に東声会の看板を掲げた。東声会の由来は「東洋の声に耳を傾ける」という意味だという。折しも朝鮮半島の南北対立が激化し、町井は対共産主義勢力の橋頭堡として存在感を示した。町井の後ろ盾となった人物が、自民党の結党資金を出した右翼の巨頭児玉誉士夫である。町井は日本国内の韓国系民族団体「在日本朝鮮居留民団」(のちの大韓民国民団)を応援し、北朝鮮系の「在日本朝鮮人連盟」(のちの朝鮮総連)と対峙した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。