マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:ネット通販で食品消費が3割増、出前情報サイトも健全化へ

2016年9月21日 16:18

インターネットを介した飲食消費が急ピッチに伸びている。今年1~8月の全国小売売上高は、ネット通販が前年同期比26.7%増の3兆210億人民元(約45兆9600億円)に達した。うち実物商品のネット販売は、25.5%増の2兆4347億人民元に上る。全国小売売上高(10.3%増の21兆505億人民元)の11.6%にまで拡大している。実物商品ネット販売の伸びは、食品類で30.3%、服飾類で16.9%、各種用品で38.5%を記録したという。中国経済網などが伝えた。
国家統計局の中山チームが156人の消費動向を調査したところ、うち34.6%はネット通販の食品購入額が月額平均で100人民元を超過。市民生活のグレードアップが続くなか、生鮮食品、出前が消費をけん引している実態が映し出された。
足元の事業環境は厳しいものの、フードデリバリー仲介サイト運営の伸び代は大きいとみられる。市場調査会社の艾媒諮詢(iiメディア・リサーチ)の発表した研究リポートによると、中国の生鮮Eコマース市場規模は2018年に1000億人民元の大台を突破する見込みという。
数年にわたる淘汰期を経て、フードデリバリー仲介サイトは、すでに大手3~4プラットフォームに集約された。上位は百度(BIDU/NASDAQ)系の「百度外売」、阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング:BABA/NYSE)系の「餓了麼」、騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)系の「美団外売」。これらに加えて、北京時尚人家網絡科技有限公司傘下の「到家美食会」のプレゼンスが大きい。うち餓了麼は今月12日、1日当たりの平均注文額が2億人民元の節目を超えたと発表した。経営状況は損益分岐点近くまで回復してきている。
市場の浄化も進む見込み。すでに国家食品薬品監管総局は、インターネットを介在した食品安全違法行為を排除する法律を策定した。今年10月1日から施行される。営業許可を得ていない違法経営飲食業者は、出前情報サイトから削除される予定だ。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。