マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】後場に注目すべき3つのポイント~利食い優勢も底堅い、個人主体の中小型株物色が活発

2016年9月23日 12:31


23日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・利食い優勢も底堅い、個人主体の中小型株物色が活発
・ドル・円は101円14銭付近、戻り試しで101円台を回復
・自動車株の下げ目立つ


■利食い優勢も底堅い、個人主体の中小型株物色が活発

日経平均は反落。20.73円安の16786.89円(出来高概算9億9000万株)で前場の取引を終えている。日経平均は売り先行で始まった。米国市場は続伸となったが、FOMCの結果を受けて円相場が1ドル100円70銭台での推移となるなか、利食い優勢の展開に。ただし、寄付き直後に16725.53円まで下げ幅を広げた後は下げ渋りをみせており、前引け間際には一時上昇に転じる局面もみられている。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。規模別指数では小型株指数のみが上昇。セクターでは情報通信、海運、鉱業、建設、医薬品、ゴム製品、食料品、精密機器がしっかり。半面、証券、その他金融、輸送用機器、銀行、電力ガス、保険、空運、不動産が冴えない。売買代金上位では任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、メガバンク3行、第一生命<8750>、村田製<6981>が下落。ソフトバンクグ<9984>、リクルートHD<6098>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、KDDI<9433>が堅調。

米利上げ先送りによる円高が重しとなったが、政府・日銀が臨時会合を開き、円高をけん制するなか、円相場は落ち着いた動きをみせている。長短金利操作付き量的・質的金融緩和導入を受けた21日の300円超の上昇の反動も意識されるなか、連休の谷間で参加者も限られていることからみれば、底堅い展開であろう。後場は日銀によるETF買入れも意識されるため、再びプラス圏の回復が期待されるところである。

物色は自動車など主力の輸出関連が冴えないなか、個人主体の中小型株物色が活発である。10月3日からのノーベル賞受賞者発表を控えて、候補者に関連する銘柄への物色が強まってきている。短期筋の値幅取り狙いの資金が中心であろうが、バイオ株などはこのところ物色の圏外に置かれていたこともあり、資金が向かいやすいとみられる。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■ドル・円は101円14銭付近、戻り試しで101円台を回復


23日午前の東京外為市場では、ドル・円は底堅い展開。日経平均株価は弱含んだが、ドルは戻りを試す値動きとなり、101円台を回復した。

ドル・円は100円70銭台で寄り付いた後、国内勢による買戻しで上昇基調となった。日経平均は弱含む展開が続いたが、石原伸晃経済再生相が閣議後の記者会見で「為替市場の動向を注視していく」と述べ、足元の円高をけん制した。こうした発言で円買いは弱まったようだ。

ただ、前日の取引で100円下抜けトライに失敗したことでドルは反転し、足元は戻りを試す展開となっているが、米利上げペース鈍化の観測でドル売り基調に変わりはないようだ。ランチタイムの日経平均先物はやや弱含んでおり、午後も日本株安が続けばドルは失速する可能性があろう。

ここまでドル・円は100円70銭から101円24銭、ユーロ・円は112円88銭から113円44銭、ユーロ・ドルは1.1200ドルから1.1212ドルで推移した。

12時20分時点のドル・円は101円14銭、ユーロ・円は113円24銭、ポンド・円は131円88銭、豪ドル・円は77円21銭で推移している。


(為替・債券アナリスト 吉池威)



■後場のチェック銘柄


・自動車株の下げ目立つ
・値上がり寄与トップはKDDI<9433>、2位ファーストリテ<9983>、2銘柄で約36円の押し上げ

・菅官房長官
「日銀の政策は日銀にゆだねる」

・石原経済再生相
「為替市場の動向を注視していく」
「FOMC声明から利上げは近いと判断」
「日銀の政策転換はそれなりにうまくいった」




☆後場の注目スケジュール☆


<国内>
・13:30 7月全産業活動指数(前月比予想:+0.2%、6月:+1.0%)


<海外>
・特になし


<WA>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。