マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】FJK Research Memo(7):16/6期は7期連続の増収達成も減益で着地

2016年9月27日 15:51

■決算動向

(2) 2016年6月期決算の概要

フジコー<2405>の2016年6月期の業績は、売上高が前期比10.7%増の2,841百万円、営業利益が同19.5%減の276百万円、経常利益が同16.9%減の241百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同15.6%減の134百万円と7期連続の増収ながら減益となった。期初予想に対しても売上高で上回ったものの、利益面では下回る着地であった。

売上高は、既存事業がおおむね計画どおりに推移する中で、順調に立ち上がった森林発電事業が増収に寄与した。特に今年6月から営業運転を開始したバイオマス発電による業績貢献(1ヶ月分)が乗った格好となった。

ただ、利益面では、建設系リサイクル事業において改修工事に伴う修繕費及び改修時の外注委託費用が当初計画より増加したほか、森林発電事業における立ち上げ準備に伴う費用が当初計画を上回ったことから営業減益となり、期初予想を下回る着地となった。

貸借対照表の状況については、森林発電事業にかかる設備投資(固定資産)のほか、売掛金や棚卸資産(燃料用木材の購入)など流動資産が増加したことから総資産が6,541百万円(前期末比50.0%増)と大きく拡大した。一方、自己資本は内部留保の積み増しにより1,867百万円(同8.6%増)と増加したものの、総資産の大幅な伸びを賄いきれずに自己資本比率は28.6%(前期末は39.4%)に低下した。有利子負債(リース債務を除く)は長短併せて3,585百万円(前期末比91.8%増)と大幅に増加している。もっとも今年9月には、新株発行(払込総額は約230百万円)により財務基盤の強化を図っている。

キャッシュフローの状況も、営業キャッシュフローが売掛金や棚卸資産(燃料用木材の購入等)の増加によりマイナスとなった。ただ、森林発電事業の立ち上げに伴う運転資金の発生によるものであり、一時的な要因とみるのが妥当であろう。今後は安定運用することによりプラスで推移するものと想定される。また、投資キャッシュフローも森林発電事業にかかる設備投資により大きくマイナスとなり、両方のマイナスを主に長期借入金により賄った格好である。

事業別の業績は以下のとおりである。

●建設系リサイクル事業

売上高が前期比1.4%減の2,127百万円、売上総利益が同13.2%減の544百万円と減収減益となった。各施設がフル稼働に近い状況にあることに加え、外部委託費も高騰していることから期初予想の段階で減収減益を見込んでいたが、売上高で若干上回ったものの、利益面では改修工事に伴う修繕費及び改修時の外注委託費用の増加により計画未達となった。建設廃棄物の発生状況に鈍さが見られる中で、受入価格の維持を優先させたことから受入数量が伸び悩んだ。一方、建設系廃棄物を原料としたバイオマス発電は、安定稼働による売電数量の確保と売電価格の向上により前期比17.9%増と順調に伸びている。

●食品系リサイクル事業

売上高が前期比0.9%減の256百万円、売上総利益が18百万円(前期は2百万円の損失)となった。従来の堆肥化中心から効率性の高い飼料化へのシフトを進める中で、野菜等の飼料化向きでないものを減らしたことなどから、上期において受入数量が大きく落ち込んだ。学校給食等の新規取引先の受注等により下期での巻き返しを図ったもののカバーできず、通期での受入数量は微減となった。一方、受入単価はほぼ横ばいで推移したことから、受入売上高は若干の減収となった。ただ、液状飼料の販売及び鉾田ファーム(養豚事業)は、数量増加により小規模ながら好調に推移しており、事業全体の売上高ではほぼ横ばいを確保するとともに、損益改善(黒字化)も実現した。

●白蟻解体工事

売上高が前期比18.8%増の178百万円、売上総利益が同424.0%増の5百万円と好調に推移した。白蟻工事は新築工事が前期比44.5%減と大幅に減少したものの、営業強化により既存工事を35.7%増に伸ばすことができた。また、解体工事も施工体制の拡充により工事件数が増加した。

●森林発電事業

売上高が278百万円、売上総利益が22百万円であった。2015年12月より販売を開始している電力小売事業による寄与(約170百万円)に加えて、中核となるバイオマス発電による1ヶ月分の業績貢献(約110百万円)が乗った格好となった。ただ、利益面では、立ち上げ準備にかかる費用が想定よりもかかったことから若干期初計画を下回った。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。