マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株ファイター:再注目したいドローン関連銘柄

2016年9月27日 19:08


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株ファイター」氏(ブログ「株ファイターの株報道」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年9月22日16時 に執筆

最近、ドローン技術の発展で大手企業がドローンに関して共同開発や投資をしている。
このことから、今まで以上にドローン関連銘柄が株式市場を盛り上げていきそうだぜ。

ドローンについて簡単に説明をしていきたい。
ドローンとは、遠隔操作や自動制御によって飛行できる無人の航空機のことだ。
よくテレビ等で上空からの映像を観ると思うが、これはドローンを使用して上空から撮影している映像がほとんどだ。

近年、技術の進化によって映像を撮ったりするだけでなく、農業や警備、運送業界にもドローンを使った仕事が普及してきているぜ。

ドローンの発展で得られる経済効果だが、インプレス総合研究所によると、国内のドローン市場規模は2020年には2015年に比べ10.9倍の1139億円にまで拡大すると見込まれている。

ちなみに世界を対象とした経済効果は、米調査会社ティール・グループの試算によると、2014年に年間約7600億円規模のドローンの世界市場が、向こう10年間で2倍近い約1.4兆円まで拡大し、その次の10年間で約11兆円に成長する見込みだと報じられているぜ。

この成長市場に国内では盛んに大手企業などが参戦している。
これらの企業を紹介していこう。

<7751>キャノン
国内ドローンメーカーであるプロドローン社へ1億円の出資をしている。狙いは、キャノン製のカメラを搭載し、高画質なデータ取得による解析ソリューションサービスなど展開していくことだ。現在開発中だが完成したら株価が高騰しそうだぜ。

<6758>ソニー
ロボット技術などに強い「ZMP」と共同で「エアロセンス」社を設立した。このエアロセンスは、インフラ設備が遅れている【ザンビア共和国】に、医療関連の配送を行う物流サービスを始めると発表している。これが出来るようになったら日本のドローンは海外でも活躍し、さらに注目を浴びることが考えられるぜ。

<9437>NTTドコモ
新潟市やNTTドコモなどが連携協定を結び、ドローンを活用した農業の実証実験に乗り出している。水田の栽培管理や収穫量の向上につなげることで水稲栽培の効率化の方策を探っていき、高品質米の生産や収穫量の向上、農家の負担減を目指していく。この実験が成功すれば農業界の革命になると思われるぜ。

<9064>ヤマトHD
人手不足が深刻になっていることから、ドローンを使って荷物を運ぶ宅配事業に乗り出すことを検討している。すでに千葉で実験を行っていることから実用化も近いはずだぜ。

<9735>セコム
世界初の民間防犯用ドローン「セコムドローン」のサービスを開始し、警備や監視業務で活躍している。東京オリンピック・パラリンピックの警備や監視業務にも使われる可能性があるため注目しているぜ。

<3444>菊池製作所
千葉大学自律制御システム研究所の野波健蔵特別教授が開発したドローン「ミニサーベイヤー」を菊池製作所が量産することで期待されているぜ。

株ファイターから一言
ドローンの開発が進むにつれて経済が目まぐるしく発展していくこと間違いないぜ。
しっかり情報をキャッチして乗り遅れないよう常にアンテナをビンビン張っておこう。

乗り遅れたくないって思ったなら【株ファイターの株報道】と検索してもらえればアンテナをビンビン張っている株ファイターの情報がいつでも観覧できるぜ。

----

執筆者名:株ファイター
ブログ名:株ファイターの株報道

<NO>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。