マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

バブルの王様 アイチ森下安道伝

バブルの王様・アイチ森下安道伝 トランプタワーを拠点に米国進出

2022年1月18日 19:00 週刊ポスト

バブル期、森下安道氏はトランプタワーを拠点に海外でも人脈を広げていった(1997年撮影/時事通信フォト)
バブル期、森下安道氏はトランプタワーを拠点に海外でも人脈を広げていった(1997年撮影/時事通信フォト)

【連載『バブルの王様』第9回】貸付総額1兆円超のノンバンク・アイチを率いた森下安道は、ゴルフ会員権という新たなビジネスモデルでさらなる巨万の富を築く。そして、それを元手に世界に進出していった。『バブルの王様 アイチ森下安道伝』の9回目、ノンフィクション作家・森功氏がレポートする。(文中敬称略)。

 * * *
 紙きれに3000万円と書けば、それが斉しく同じ額の金券に早変わりする。森下安道にとっては、商業手形であろうが、ゴルフ会員権であろうが、さしたる違いがなかった。しかもその金券は、どちらも紙クズになる恐れをはらむ。森下は手形やゴルフ会員権の危うさを最も知っていた。それゆえ独特の貨殖の才で金券を巧みに操ることができたといえる。
 
 ゴルフ場を始めた森下本人は1980年代後半、海外にも不動産ビジネスを広げようとする。アメリカやヨーロッパのゴルフ場がほしくなったようだ。しかし、欧米はかなり勝手が違った。
 
 アイチグループの海外進出は、急激に進んだ円高の恩恵も手伝っている。周知のように、1985年9月の先進5カ国蔵相(G5)・中央銀行総裁によるプラザ合意が円高の端緒を開いた。世界の為替安定という名の下、日本政府は日米貿易不均衡とドル高の是正を突きつけられる。結果、1980年代前半まで1ドル250円前後だった円が、あっという間に200円を割り、急騰していった。それが、のちにバブルと名付けられた狂乱景気を呼び込んだ。森下が海外に触手を伸ばし始めた時期は、そんなバブル前夜にあたる。

 きっかけはアイチ本社に届いた1通の英文ファックスだった。1986年5月のことだ。すでに国内10件以上のゴルフ場オーナーとなったアイチの評判は、海外にも届いていた。国内外を問わず、ほうぼうから投資案件の売り込みがあった。
 
〈メスキートカントリークラブに出資しませんか。総額175万ドルで、米国のゴルフ場オーナーになれる!!〉
 
 何の変哲もない投資の宣伝広告といえた。日本円にして投資額は、1ドル175円換算で3億625万円也。

 1980年代の国内のゴルフ場には会員権ブームが到来し、開発が盛んになっていった。いきおいゴルフ場の買収額も高騰した。自前で開発するにしろ、既存のゴルフ場を買い取るにしろ、価格は1ホールあたり1億円が相場とされた。18ホールなら20億円弱、27ホールのゴルフ場なら30億円近くかかった。それに比べると、ファックスにあるメスキートCCはすこぶる安い。むろん森下が1976年に2億円で買収した新潟の上越国際CCより高いが、その後の相場からするとまさしく破格といえた。森下が宣伝ファックスに飛びついたのも無理はない。
 
「アメリカはそんなに安いのか。常務、とりあえずゴルフ場を見て来てくれ」
 
 森下は義兄でアイチ常務だった佐藤信人にそう命じ、取り急ぎ佐藤が渡米した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。