マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY外為:ドル・円50DMA試す、クリーブランド連銀総裁は速やかなB/S縮小を推奨、米10年債入札待ち

2022年1月13日 2:50

NY外為市場では米10年債入札控え、金利低下に伴うドル売りが加速した。
ドル・円は115円44銭から114円54銭まで下落。次のサポートは50日移動平均水準の114円23銭となる。ユーロ・ドルは1.1442ドルまで上昇。100日移動平均水準の1.1509ドルを試す展開となった。

タカ派として知られるクリーブランド連銀のメスター総裁はWSJとのインタビユーで3月の利上げを支持するとしたほか、市場を混乱させずにできる限り速やかにバランスシートを縮小すべきとの考えを示した。

一方で、米国債相場は荒い展開ながら堅調に推移。米10年債利回りは1.71%まで低下した。

<KY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。